FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ユニチカ岡崎工場専用線(愛知環状鉄道北岡崎駅)~その3~
ユニチカ岡崎工場専用線車両編~。
本線機は国鉄、JR貨物のDE10、11、DD51だったので省略します。

●スイッチャー
工場構内入換用に使われていた機関車。
専用線が名鉄大樹寺駅接続の時代に廃車となっている機関車DB-5は↓で上げてます。
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その3~
名鉄時代末期の1969(昭和44)年11月日本車輌製15t機DB-75形DB-76号(製番2799)が製造されています。
標準的な日車15t機レディーメイド品でした。
この機関車は後に東海道本線笠寺駅に移り日通笠寺支店所属No.6となり住友セメント、三井東圧専用線で使われ1987(昭和62)年頃廃車解体された様子。笠寺ではDB1511と言う番号も付いていたらしく北岡崎から笠寺に来る間にどこかを経由していたのでしょうか?
機関車表 フルコンプリート版(沖田 祐作/編 ネコ・パブリッシング)によれば他にも日車15t機や日車25t機がいたようですがよくわかっていません。
さらに1974(昭和49)年11月日本車輌製DD351(製番3160)が入線しておりこの機関車は最後まで使われていたようです。
北岡崎の専用線廃止後は八戸通運に転じて2018(平成30)年12月現在も八戸臨海鉄道北沼駅の製紙工場専用線スイッチャーとして現役です。
DSC_0425.jpg
元ユニチカ岡崎工場専用線DD351。
岡崎では黄色でしたが八戸通運色のクリーム色になっているほか前照灯が四角いものに交換されるなど変化が見られます。

DSC_0440.jpg
八戸での様子は東北旅行その7 ~八戸臨海鉄道その1~にまとめてます。

●貨車
レーヨン製造ではパルプを苛性ソーダや二硫化炭素輸送に溶かす必要があり、専用線ではこの苛性ソーダ輸送が行われていました。
専用線や挙母線の写真では苛性ソーダ輸送用タム900、タキ2800形、二硫化炭素輸送用タキ5100形の写真を見たことがあります。
岡崎工場ではポリエステル繊維も製造しており、原料のテレフタル酸輸送用のタキ24300形が鹿児島本線黒崎駅から到着していました。
タキ24300形はこの専用線が1999(平成11)年9月に廃止になるまで使われていました。
このタキ24300が使われていた頃の様子を奥野さんが北岡崎駅他愛知環状鉄道線内の静止画、動画を撮影されています。
奥野君の専用線日記 北岡崎報告

●日本レイヨン→ユニチカ岡崎工場専用線関連年表
1933(昭和8)年11月16日 三河鉄道 大樹寺停車場構外側線敷設工事着手届。
1934(昭和9)年1月    日本レイヨン 岡崎第一工場起工。
1934(昭和9)年3月19日  三河鉄道 大樹寺停車場構外側線竣功並一部変更届。
1934(昭和9)年8月    日本レイヨン 岡崎第二工場設置決定。
1935(昭和10)年4月8日  日本レイヨン 岡崎第一工場運転開始。
1935(昭和10)年10月   日本レイヨン 岡崎第二工場運転開始。
1941(昭和16)年6月1日  三河鉄道 名古屋鉄道と合併。
1943(昭和18)年     日本レイヨン 社名を日本航空機材に変更。
1946(昭和21)年     日本航空機材 社名を永興産業に変更。
1948(昭和23)年     永興産業 社名を日本レイヨンに戻す。
1950(昭和25)年     岡崎市 日本レイヨンにレーヨン生産復活を要請。
1951(昭和26)年     日本レイヨン 岡崎工場でレーヨン生産を再開。
1953(昭和28)年     名鉄・日本レイヨン 日本輸送機製8t機DB5形DB5(車籍:名鉄)
             新製。
1962(昭和37)年6月17日 名鉄 挙母線大樹寺~岡崎井田、岡崎市内線廃止。
             大樹寺駅構内架線1500V昇圧。
1964(昭和39)年     日本レイヨン 岡崎工場ポリエステル繊維生産開始。
1969(昭和44)年10月   日本レイヨン ニチボーと合併、ユニチカ設立。
1969(昭和44)年11月   名鉄・ユニチカ 日本車輌製15t機DB75形DB76(車籍:名鉄)
             新製。
1970(昭和45)年     名鉄・ユニチカ DB5廃車。
1970(昭和45)年10月1日 国鉄 岡多線岡崎~北野桝塚8.7㎞貨物線として営業開始。
1971(昭和46)年10月1日 国鉄・名鉄・ユニチカ 岡多線北岡崎駅開業。
             専用線を名鉄挙母線大樹寺駅から岡多線北岡崎駅接続へ変更。
             DB76号名鉄車籍抹消。
1973(昭和48)年3月4日  名鉄 挙母線廃止。
1974(昭和49)年11月   ユニチカ 日本車輌製35t機DD351新製
1987(昭和62)年4月1日  国鉄 分割民営化。北岡崎駅はJR東海、JR貨物の所管。
1988(昭和63)年1月31日 愛知環状鉄道 JR岡多線、愛知環状鉄道へ転換。
             JR貨物は岡崎~北岡崎で引き続き営業。
1999(平成11)年9月2日  ユニチカ・JR貨物 岡崎工場の専用線による貨物輸送廃止

参考文献:
新編岡崎市史 4 近代(新編岡崎市史編さん委員会)
ユニチカ百年史(ユニチカ社史編集委員会/編)
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:42:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ユニチカ岡崎工場専用線(愛知環状鉄道北岡崎駅)~その2~
P1050267.jpg
北岡崎駅の先にも愛環線と並行して続く専用線の橋梁跡。
複線分ありそうな橋台ですが専用線は単線でした。

P1050266.jpg
段々高度を下げてきます。
愛環線と専用線で一体型の函渠が一か所。

P1050264.jpg
カーブするとすぐに名鉄挙母線大樹寺からの先代専用線と並行して工場へ入って行きます。
以前はここにも勾配表がありましたがいつの間にか無くなっています。

P1050263.jpg
早川の手前には踏切がありレールは撤去されているものの敷石は当時のまま。

P1050262.jpg
早川を渡るともう一個所踏切があってすぐ工場に入ります。
右の道路橋は大樹寺からの専用線の橋梁跡。
橋台の左右にコンクリートの出っ張りがありますがこれは手動式踏切遮断機が載せられていた台座。
以前は工場側にY字型の遮断棹受けも残っていました。
「止まれ」の標識下にあるコンクリート柱はかつての鉄道門の門柱が片側だけ残っています。

P1050261.jpg
鉄道門前にはこ「工」マーク入りの通信ケーブルのコンクリート標柱が残っています。



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:41:04 | Trackback(0) | Comments(0)
ユニチカ岡崎工場専用線(愛知環状鉄道北岡崎駅)~その1~
1971(昭和46)年に専用線が名鉄挙母線大樹寺駅から国鉄岡多線北岡崎駅へ接続を切替えられた後の様子。
1987(昭和62)年4月1日分割民営化でJR東海になったもののJR岡多線時代は1年足らずで1988(昭和63)年1月31日に愛知環状鉄道に移管されています。
表題は廃止時の状態を反映して愛知環状鉄道北岡崎駅接続としています。
名鉄挙母線大樹寺駅接続時代の廃線跡は↓
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その1~
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その2~
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その3~

作業方法:国鉄機、私有機
作業キロ:国鉄機1.0km、私有機1.0km
総延長キロ:2.2km

名鉄時代の日本レイヨン専用線は直流1500Vで電化(※)されており、岡多線も直流1500Vで電化されていましたが専用線は非電化になり名鉄電機に変わって国鉄・JR貨物のDE10、11、DD51が乗り入れていました。

P1050275.jpg
北岡崎駅の岡崎方。右に分岐していた専用線へ続く路盤はレールと枕木が撤去された以外はそのまま。
上下線をつなぐ渡り線が有りませんが専用線があった頃の岡多線、愛知環状鉄道のこの区間は単線で、北岡崎駅が交換駅でした。

P1050276.jpg
北岡崎駅構内。
向かいの2番ホームの裏に専用線が続いています。

P1050270.jpg
2番ホームを外から見るとこんな感じ。高架橋は一部撤去されています。

P1050272.jpg
途切れた高架橋は北岡崎駅構内をくぐる愛知県道56号線を跨ぐ個所に橋台を残しています。
この先は高架橋でなく築堤になります。

P1050274.jpg
北岡崎駅の高蔵寺方。左の専用線の路盤はバラストもそのまま。

P1050268.jpg
築堤の上、専用線の向こうを愛知環状鉄道2000系が発車していきます。
勾配表も残っているためこの角度から見ると現役の線路に見えます。

(※)岡崎市内線が1962(昭和37)年に廃止されるまで大樹寺駅構内は市内線に合わせて直流600V電化で専用線内の電圧が600Vか1500Vだったかは不明

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:00:30 | Trackback(0) | Comments(0)
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その3~
P1050256_201811242101162ff.jpg
愛知環状鉄道(旧・岡多線)をくぐる個所。
岡多線建設中はこの下を名鉄電機がくぐっていました。
専用線は大樹寺方から右の公園まで一直線に田園地帯を突っ切り岡多線ガード手前でカーブしてこの道路に合流する線形でした。

P1050257_20181124210118d2c.jpg
愛知環状鉄道をくぐればもう工場は目の前。

P1050260_20181124210119186.jpg
工場前の早川を渡っていた跡。
名鉄時代は左の道路橋の部分、国鉄・JR・愛環時代は右の橋台跡に鉄橋が架かっていました。
左右に新旧専用線跡が並ぶ珍しい風景。

●専用線で使われた車両
岡多線引継ぎ後も引き継がれたスイッチャーや貨車については後日のユニチカ岡崎工場専用線(愛知環状鉄道北岡崎駅)で別に上げる予定としてこちらでは名鉄時代の車両を紹介します。
大樹寺~工場では名鉄電機が使われていましたがデキ300、デキ370、デキ400、デキ600など最近まで活躍していた機関車の写真を見掛けます。
貨物列車は刈谷駅から三河線経由で入っていたため三河線で使われていた電機と変わらないようです。

・DB-5型DB-5号
工場構内の入換には名鉄籍の日本輸送機1953(昭和28)年11月製8tディーゼル機DB-5型DB-5号(製番21919)が使われました。
なお名鉄から運輸省へのDB-5車両設計認可及び特別設計許可申請の決裁は製造より1年近く経った1954(昭和29)年10月7日、発送は10月13日となっています。
それまで工場の片隅に新車を使えないまま置いていたのでしょうか?
mei-db5.png mei-db5-1.png
名古屋鉄道DB-5 ※モノクロ写真しか見たことが無いので塗装色は想像
車籍が名鉄にあるだけで工場構内でのみ使われた入換機。構内入換業務は鳥居運送が行っていました。

全長:5050mm
全巾:2000mm
全高:2565mm
軸距:1800mm
車輪径:660mm
エンジン:日野DS-11A
動力伝達:ジャックロッド
出力:1300rpm/60馬力(HPかPSかは不明)
単価:2,500,000円
国鉄の8t貨車移動機E1、E3とほぼ同型のようですが全長や全高が若干大きいです。
日車製15t機DB-76が登場すると翌1970(昭和45)年1月に廃車されており専用線付替え時には既にいなかった様子。

参考文献:
鉄道免許・名古屋鉄道・昭和28~31年(名古屋鉄道 国立公文書館所蔵)
機関車表フル・コンプリート版(沖田 祐作/編 ネコ・パブリッシング/刊)
ニチユ<日本輸送機>機関車図鑑(岡本 憲之/編・著 イカロス出版)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:03:00 | Trackback(0) | Comments(0)
日本レイヨン岡崎工場専用線(名鉄挙母線大樹寺駅)~その2~
日本レイヨン岡崎工場専用線2回目。


岡崎市内線が廃止になる直前の昭和30年代半ばくらいの大樹寺駅構内と専用線の路線図。
国鉄岡多線(現・愛知環状鉄道)北岡崎駅から付替えになる専用線も描き込んであります。

P1050248.jpg
4車線の愛知県道26号岡崎環状線を挟んで岡崎井田へ続く挙母線跡。
この区間は600Vの岡崎市内線の電車で運行されていた区間。
岡崎電気軌道時代は後に名鉄挙母線となる鉄道線も600Vだったため鉄道線用の高床車デ200形(後の名鉄モ460、サ2110形)が市内線から当時の鉄道線終点門立まで直通していました。

mei-mc461.gif
岡崎電軌デ200→三河鉄道→名鉄モ461 1925(大正14)年日本車輌製
岡崎電軌で鉄軌直通していた頃はポール集電、前照灯は着脱式だった様子。
イラストは晩年西尾~港前の平坂支線で使われていた頃のイメージ。

P1050249.jpg
専用線跡の工場側から大樹寺駅方面を見た様子。
岡崎井田への挙母線の少し西に大樹寺駅構内で分岐した専用線の跡が続いています。
奥の赤い立体駐車場の辺りで分岐して手前に見えるパチンコ店の白いフェンスに沿って右側に築堤が続いていた様子。
専用線があった頃はこの辺から手前は一面の田園地帯で目の前の県道26号岡崎環状線もありませんでした。

P1050253.jpg
1枚前の画像よりちょっと引いて見た様子。
岡崎環状線を渡ると小高い丘(矢作川、早川の河岸段丘?)があり専用線は築堤で丘の麓に取付いていました。
その築堤は岡崎環状線により完全に潰されたようです。
元は大樹寺駅から撮影位置までカーブ築堤が続いていました。

P1050255.jpg
振り返ると丘の下の線路跡の区画が僅かに残る場所。
道路とその延長線に一直線に並ぶ宅地が専用線跡です。
この先は愛知環状鉄道をくぐるガードまで住宅地化により碁盤の目に住宅と道がつくられ区画にも線路跡を偲ばせる要素は残っていません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:13:48 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ