■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
津田沼駅周辺と鉄道聯隊K2型134
津田沼の森林公園は周囲が丘陵に囲まれ谷戸になっているようです。
池も谷戸から湧く水が溜まった池を利用しているのでしょうか。

P1020095.jpg
王滝森林鉄道田島停車場の前の池。
林鉄車両保存に当たって池を牧尾ダムのダム湖おんたけ湖に見立てたのでしょうか。

P1020109.jpg
森林公園を後にして津田沼駅へ向かいますが鬱蒼とした森林公園を出てローカルムードのある畑を抜けると嘘のような住宅密集地。
津田沼駅は坂の上にあり、森林公園側から見上げると新京成電鉄がヘアピンカーブを描き丘の上を回っています。
何とも複雑な地形ですが新京成線などかつて陸軍鉄道第二聯隊が演習線にしていたのはこの地形の複雑さが実戦経験になると踏んだからなのでしょうか。

P1020117.jpg
その津田沼駅付近の津田沼一丁目公園には元鉄道連隊K2型134号Eタンク機が保存されてます。
煙突のタライのような形をした火の粉止めが特徴的です。

P1020126.jpg
1943(昭和18)年川崎車輌製13t機で当初は600mm軌間で製造されたものが国鉄側線等で使用できるように1067mmに改軌されたようです。
となると朝顔カプラー上がごちゃっとしてるのは自動連結器取付け跡なのでしょうか?
戦後は西武鉄道に払い下げられますが実際使われたのかよく分からないようです。
入間川砂利採取のため敷かれた安比奈線安比奈のヤードで入換に使われたのかも・・・とのことでしたが断定は出来ないようで。
西武のユネスコ村で保存後津田沼に里帰りしています。

P1020124.jpg
JR津田沼駅と新京成新津田沼駅に挟まれた狭い空間にイトーヨーカドー、イオンがひしめき合いカオスな場所で保存されてますがこの場所には戦前、戦中は鉄道第2聯隊、戦後は大栄車輛があり京成や新京成の電車、関東鉄道の気動車の製造や改造を行っていました。
工場内には1963(昭和38)年日立製20tDLのDL-2もいたようですがこちらは津田沼工場から京成宗吾車両基地の宗吾工場へ移って使われた後廃車になったようです。
珍しい1435mm軌間のDLですが元々新幹線工場用の入換機の払い下げを受けたものだそうです。

P1020119.jpg
ドイツナロー機風に動軸5軸が並ぶ内中央の第3動輪はフランジレス。

P1020127.jpg
津田沼一丁目公園からJR総武線を越えるとかつての鉄道第二聯隊の正門が残ってます。

P1020129.jpg
現在は千葉工業大学の正門。
手前の六角形の台座跡は門衛小屋が建っていた跡でしょうね。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 21:50:24 | Trackback(0) | Comments(4)
津田沼の長野営林局王滝営林署 助六のB客と運材貨車
津田沼の王滝森林鉄道車両2回目

P1020080.jpg
田島停車場の停車場標も掲げられています。
上松起点:20,560.8m 延長2,303m
王滝村中心部に近く、今も巨大な修理工場の建屋が残る大きな停車場ですが構内延長2,303mもあったのか・・・。

P1020057.jpg
製造年月日が1940(昭和15)年9月10日と具体的な日付まで出てますが木曽谷の森林鉄道(西 裕之・著/ネコ・パブリッシング)や機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)によれば機関車は1951(昭和26)年製・・・となるとこの日付は何の日付なのか気になります。

P1020059.jpg
B型客車の王営No.4。
元は鮮やかな赤色だったのが色あせて薄いピンク色になってます。
車体には安全の文字と緑十字も残り標記類は現役時代の名残を良く残しています。

P1020058.jpg
「王営」は王滝営林署の略、「助六」は木曽の林鉄で最後まで残った鯎川線最奥部の助六谷。
林鉄は元よりナローファンの間で助六谷は伝説的な響きを持っています。
王滝営林署所属の客車は車体の隅に「五味沢」など所属する製品事業所名を表記していたようです。
王営No.4は板張りが横長に張られたタイプ。
ブレーキ制輪子は両輪とも画像の向かって右に付いています。
台車に使われてる運材貨車は岩崎レール製モノコックタイプ貨車と見られますが銘板がペンキベタ塗りで読み取れず。

運材貨車はどちらも岩崎レール工業製モノコックタイプ貨車。
客車の台車と異なりブレーキ制輪子が2つとも台車内側に付くタイプです。
P1020074.jpg
王営No.7

P1020075.jpg
王営No.6
こちらは銘板が残っていました。
製造:1960(昭和35)年6月 製造番号:20926

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:36:44 | Trackback(0) | Comments(0)
津田沼の長野営林局王滝営林署No.92
千葉県習志野市藤崎7丁目の森林公園。
最寄駅は京成本線の京成大久保駅ですが道が入り組んで分かり辛いのでJR総武線津田沼、新京成の新津田沼からのがアクセスし易いかも知れません。
何故か木曽から遠く離れたこの地に王滝森林鉄道の「田島停車場」があります。
その田島停車場で保存されている車両たちです。

P1020071.jpg
長野営林局野尻営林署No.107(旧番)→No.92→王滝営林署No.92
製造:酒井工作所
購入年:1951(昭和26)年
自 重:5t
局形式:GB5→DB5

1951年度に購入された5台の5t機No.91~No.93、No.95、No.96のグループ。
上松の赤沢自然休養林にNo.93、中央本線奈良井駅付近にNo.95、遠山の梨元ていしゃばでNo.96とNo.91以外はいずれも保存されており生存率が高いです。
No.107として野尻に配置された当初は加藤K-3エンジンを積んだガソリン機関車でしたがディーゼルの三菱セントラルKE-5に換装されています。
1966(昭和41)年4月には野尻森林鉄道廃止に伴い王滝営林署へ転属、1977(昭和52)年2月廃車とのことですが現地の説明板によれば1976(昭和51)年11月7日にはこの地へ搬入されていたようです。

P1020067.jpg
色褪せてはいるものの屋根の下なので保存状態は良いです。
エアブレーキ化改造されているため前部向かって右にコンプレッサがありますが野尻署時代の改造か王滝での改造かは不明。
ラジエター周りは黒塗りでコンプレッサ部以外塗り分けられてません。

P1020072.jpg
塗装は現役末期の王滝色ほぼそのままと思われますがドア下端、エンジンカバー前下端の黒塗りが省略されています。
また王滝色でも元々ちょっと変わった塗り分けで黒の細帯がえらく高い位置に入っています。
野尻森林鉄道のほかの機関車でも見られる塗り分けなのであるいは「野尻色」なのかも??

P1020073.jpg
背面は3枚窓。ところどころ塗装が剥げた個所からかつての塗色と思われるモスグリーンが見えています。

P1020068.jpg
No.92最大の特徴(?)キャブ前面に突き出た謎の配管跡。
かつては屋根上にエアタンクか水タンクでも載せていたのでしょうか。
これは車内を調査しなければわからなそうですが公開されることがあるのかな?

森林鉄道(長野営林局) | 22:38:00 | Trackback(0) | Comments(2)
石原産業海運四日市工場採石場→四日市採石専用線(三岐鉄道西藤原駅)~補遺~
2017年9月11日にUPした四日市採石専用線ですがその後の資料調査結果報告~。

鉄道省文書の三岐鉄道の免許で「西藤原停車場構外側線敷設ノ件」と言う記録がありした。
当初は石原産業海運(現・石原産業)の専用線で、同社の石灰石採掘場からの原石発送に使われたようです。
三岐鉄道から鉄道省への構外側線敷設申請は1941(昭和16)年6月1日に出され翌月には認可されたようです。

三岐鉄道からの提出書類によると・・・
構外側線延長280m
工費26,000円
一日の出荷量は石灰石約100t、1日2回程度の運転を予定としています。

専用線やホッパーの図面は色が薄くて見辛かったのでコントラストを強くしてあります。
IMG_20180602_132356.jpg
図面①
右が西藤原駅で点線の専用線が分岐して上へ延びています。
機回し線のようなものが見えますが構外側線内の運転は西藤原駅から機関車が無蓋貨車を推進して入線していたとのこと。

P1020190.jpg
図面①の下部中央右寄りの踏切から専用線分岐を見た様子。
これより駅寄りの区間は2017年9月11日の記事を参照してください。
図面①では腕木式の場内信号機が書かれている場所に現在は遠方信号機があります。
専用線は三岐鉄道本線と砂利道の間の草叢のようです。

P1020183.jpg
左奥が西藤原駅方面。
専用線は左の草叢と砂利道部分に分岐して2線区間になっていた様子。

P1020173.jpg
2股に分かれていた線路が合流しホッパーへと達していました。
右奥の木立の辺りに木造ホッパーがあったようですが跡形もなし。

IMG_20180602_132400.jpg
ホッパー上部には手押しトロッコがケーブル(索道)の卸し場との間を連絡していたようです。

P1020175.jpg
ホッパー跡から西藤原駅方を見た様子。
手前に見える錆びた部品はホッパーではなく水利関係のもののようです。

nishifuji.jpg
ホッパー(貨車積貯鉱槽)の側面図(上)と平面図(下)
長さ20mとあるので当時三岐鉄道10t積み無蓋貨車ト101、200形3台が同時に積み込みできるくらいでしょうか。
1日2回運転で100t、となると1回当たりト5両が入線、2線区間8で編成を2~3両ずつに分割してホッパーへ押し込んでいたものと思われます。

IMG_20180602_132608.jpg
ホッパーの断面図(貨車積貯鉱断面図)。手押しトロと無蓋貨車も簡単に描かれてます。

DSC_4383.jpg
木造ホッパーと言うともうほとんど残っていませんがサイズや構造が近い例として旧・北陸鉄道金名線大日川駅の河合鉱山側線跡にあった鉱石ホッパー画像を上げます。

参考文献:
鉄道省文書 地方鉄道免許 三岐鉄道 自昭和十三年 至昭和十四年
 

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:26:40 | Trackback(0) | Comments(0)
近江鉄道モ245
彦根駅東口から見える近江鉄道ミュージアム。

P1010944.jpg
電機だけでなく引退したモハ220やアヤシゲなものも見えます。

P1010942.jpg
住友FS-40台車。
この見掛けで吊り掛け台車と言うのが面白いのですがモーターは付いてない状態。
親会社西武鉄道の車体更新吊り掛け電車で使われていたものが大量に入って、近江1、500、220形で使われていました。
奥に見えるモハ224もこの台車を履いてます。

P1010948.jpg
保線モーターカーのモ245。
何だか名鉄の電車みたいな車番ですがこの番号の由来がわかりません(^ ^;)
自重24.5tなんて重さはなさそうですしエンジン出力が245PSなのでしょうか?
富士重工業TMC200Aで1966(昭和41)年7月製造、製番60。

P1010957.jpg
22年前に見て以降ずっとこの状態で使われているのを見たことがありません。

P1010955.jpg
モ245の銘板。
ここを見ても"245"の由来は分かりません。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 22:53:45 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ