■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
帝室林野局の森林鉄道鉄道路線名一覧~東京・名古屋支局編1~
帝室林野局機関誌「御料林182号」(1943(昭和18)年7月)掲載の「森林鉄道名称統一」を元に作成した一覧表。
神奈川、静岡と都市部に近い路線のはずなのですがいずれも接続交通が不便な秘境路線ばかりです。
他の鉄道路線と接続していたのは千頭のみです(^ ^;)

rintetsu-tokyo-nagoya_20180417214656806.png
PDF版
名古屋支局のうちこれら静岡県内の路線は敗戦直前の1945(昭和20)年8月1日に静岡地方帝室林野局として分離。
1947(昭和22)年の林政統一後は東京地方帝室林野局分を含め東京営林局に引き継がれています。

千頭、気多、水窪など家から近いところになって来たので今までもブログ記事でよくUPしてる路線。
瀬尻はインクラ下を通っただけでまだ探索したことがありません。


●世附森林鉄道
帝室林野時代は小田原出張所、林政統一後は平塚営林署管轄でした。
丙線とあるように規格が低く馬力軌道だったところにガソリン機関車を入れるようになったとか。
世附では長野営林局No.63と同じ珍しい板バネ付き鋳物台枠の酒井機の写真を見たことがあります。
板バネ付き鋳物台枠機は1941(昭和16)年頃しか作られていないようなのでこの頃動力化したのでしょうか。
気多林鉄廃止時に気田からエアブレーキ付き協三機(千頭DB12と同タイプ)と貫通ブレーキ装備のモノコックトロが入ったもののそれから間もない1963(昭和38)年に撤去されてます。

IMG_2772.jpg
水ノ木線で世附川を最初に渡るところでは結構長い木橋が架かっていました。
上流側(左)に木橋があったのですが・・・

IMG_2771.jpg
水ノ木側の石積み橋台と路盤が残っています。


●熊切森林鉄道
狭い酷道362、473号線のみでアクセスできる麦島からさらに山奥へ。
気田出張所→営林署管内ですが気多森林鉄道とは遠く離れたところにポツンとある路線。
一応ここは政令移指定都市浜松市天竜区内なのですが・・・。
DSC_0899_20180416233503d06.jpg
橋の手前に敷設された状態の9kgレールが2本。
他にも犬釘付きの枕木が林道に埋まっているのが多数見られます。
ここも気田署内だけあってエアブレーキ付き協三機+モノコックトロの豪華編成(?)が使われていました。


●気多森林鉄道
出張所、営林署名は「気田」で路線名は「気多」で紛らわしい・・・というかどちらの表記も混在してあまりこだわりはないのかも(^ ^;)
県道からの分岐点の看板に林道上を徒歩で入る場合でも天竜森林管理署の入林許可が必用とあったので許可を貰って行って来ました。
DSC_0957_201804162335043b1.jpg
機関庫やループ線があったという山住停車場・製品事業所跡にはガソリン庫らしきごついドーム型コンクリート造りの倉庫があります。

DSC_0966_2018041623350664e.jpg
山住からすぐの伊老沢のガーダー橋跡。
橋の手前(都沢側)で伊老沢線が分岐していました。
伊老沢線は戦時中の資材不足の中1945(昭和20)年度に熊切林鉄のレールをはがして敷いたもので、4年程度でレールを熊切へ返して廃線になったとか。

続きを読む >>

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(前橋、東京営林局) | 00:07:54 | Trackback(0) | Comments(0)
帝室林野局の森林鉄道鉄道路線名一覧~旭川支局編~
帝室林野局機関誌「御料林182号」(1943(昭和18)年7月)掲載の「森林鉄道名称統一」を元に作成した一覧表。
札幌支局編その2~。

rintetsu-asahigawa.png
PDF版
1937(昭和12)年に札幌支局から旭川支局として独立。
これらの路線は1947(昭和22)年の林政統一では旭川営林局管轄となりました。


林政統一後旭川営林局になってからの車両ですがこんな車両がいました。

No124-1.png  No124-2.png
羽幌森林鉄道39号機 1956(昭和31)年3月酒井工作所製9t機(イラストは王滝林鉄時代のもの)
羽幌営林署で使われ始めて3年しか経たない1959(昭和34)年7月には早くも長野営林局上松運輸営林署へ転属。
No.124と改番されて王滝森林鉄道で使われました。
羽幌時代の重量は9.0t、木曽では10.0tとされてますが管理上10tに分類しただけなのか改造して1t積み増したのかは不明。1966(昭和41)年2月に王滝営林署へ転属して1976(昭和51)年まで使われた後に伊豆大島で保存されたものの現存しないようです。
酒井工作所のメーカー形式C2。C3やC4と似てますがイコライザは左右の前輪のみをつないでいます。
屋根が低く目が据わったような表情のためか何だか威圧感があるスタイル^ ^;
エンジンは民生ディーゼル工業(→日産→UDトラックス)UD-4でした。

林野庁の映像ライブラリに王滝林鉄で活躍するNo.124牽引の運材列車が映されてます。

林野庁:映像ライブラリ「日本の林業1」(昭和35年頃)
No.124が登場するのは1:31~2:05です。
時期的に羽幌から転属して間もない頃と思われます。
羽幌39号時代の塗装が不明ですが映像のNo.124は塗装も綺麗です。
イラストでも塗っている茶とクリームのツートンカラーは上松の機工課で塗り直したものかも知れません。
王滝本線の有名撮影地だった下黒沢の鉄橋ともう1カットはどこでしょう?



続きを読む >>

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 12:43:59 | Trackback(0) | Comments(0)
帝室林野局の森林鉄道鉄道路線名一覧~札幌支局編~
森林鉄道、軌道は営業鉄道と違って呼び方が結構バラバラです。
鉄道ファンの間では機関車使用の路線を森林鉄道、人力・畜力のものを森林軌道と言ってることもありますが実務上でそんな区分はしてません。
皇室財産だった御料林を管理していた宮内省帝室林野局所管の鉄軌道については1943(昭和18)年7月1日に「○○森林鉄道」、「○○森林鉄道××線」という呼称で統一、また線路の道床厚やレールの規格により以下のように甲、乙、丙の3段階で等級を指定しています。

 甲 : 9㎏レール以上 施工基面幅2.4m以上 曲線半径18m以上
 乙 : 8㎏レール 施工基面幅2.2m以下 曲線半径10m以上
 丙 : 6㎏レール 施工基面幅2.4m以下 曲線半径10m以上
※既存の路線についてはレールの太さ以外は特例あり

帝室林野局機関誌「御料林182号」(1943(昭和18)年7月)掲載の「森林鉄道名称統一」を元に一覧表を作成したので北から順に~

札幌支局~その1~
rintetsu-sapporo1.png
PDF版も用意しました。
1947(昭和22)年の林政統一で札幌営林局管轄となった路線(一部は移管前に廃止)の一覧です。

林政統一後に登場した車両ですがこんな機関車がいた路線ということで画像を上げます。(再録ですが^ ^;)
IMG_20160718_092318.jpg
下夕張、夕張岳森林鉄道9号機 1951(昭和26)年野村組工作所製
時期によっては主夕張でも使われたかも?
北海道開拓の村(札幌市)

DSC_1125.jpg
芦別森林鉄道26号機 1956(昭和31)年7月酒井工作所製10t機
芦別林鉄廃止後は木曽の上松運輸営林署に転じてNo.136に改番。1972(昭和47)年まで主に客車列車牽引に活躍。
赤沢自然休養林森林鉄道記念館(長野県上松町)

DSC_1159.jpg
芦別森林鉄道→下夕張、夕張岳森林鉄道27号機 1956(昭和31)年9月酒井工作所製10t機
芦別廃止後は姉妹機の26号と分かれて夕張へ。
北海道開拓の村(札幌市)

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 22:25:15 | Trackback(0) | Comments(0)
えちぜん鉄道北陸新幹線高架借用区間
えちぜん鉄道が未開業の北陸新幹線福井駅付近の高架を借用している区間。
6月にはえちぜん鉄道用の高架が開通するのでそれまでの期間限定です。
かつて東海道新幹線が開業する前に阪急京都線が大山崎~上牧で借用していたことがありますがそれと比べるとごく短区間。
とは言え新幹線用の高架を私鉄電車が走る光景はユニークです。

P1010186.jpg
新幹線高架に仮設の新福井駅。
右からえち鉄新線、えち鉄現在線(北陸新幹線)、北陸本線の複線電化線3本が並んだ状態です。
どの線も頻繁に運転されるわけではないので阪急電車梅田~十三のようにはなりませんが。
えち鉄の高架はほぼ完成して線路、架線は敷設済みで信号機も点灯してました。
駅の内装や舗装など仕上げ段階に入っているようです。

P1010191_2018040922201648c.jpg
しらさぎ12号名古屋行が通過。北陸本線は既に側線が分岐していますがこの場所はもう福井駅構内。
えちぜん鉄新福井~福井の距離は500mしかなく、ホーム上からは福井駅で発車待ちの電車がよく見えます。
実際この駅間だけで利用する人はほとんどいないでしょう。

P1010204_201804092220181cd.jpg
上下ホーム間は構内踏切で結ばれています。
高架線上で構内踏切などと言うのは他で見たことがないですね。

P1010198.jpg
将来の新幹線の線路上をMc5001形がやって来ました。
現存するのは1形式1両の出合えたら幸運な電車♪

P1010199.jpg
三国芦原線で来ないかなと待ってましたがこの日は勝山永平寺線(旧越前本線)での運用に入っていました。
京福オリジナル最後の新製車。
1999(平成11)年武庫川車輌工業製でモハ5001、5002の2両が製造されたもののモハ5002は2001(平成13)年6月24日に発坂で正面衝突事故を起こし廃車。
立て続けに正面衝突事故を起こしたことから京福電鉄の福井県内路線も営業停止に追い込まれこのまま廃止かと思われましたがえちぜん鉄道の手で蘇りました。
福井は戦争中の福井空襲、1948(昭和23)年の福井地震と立て続けの人災、天災から復興し目抜き通りや祭りに「フェニックス(不死鳥)」の名前を冠しているほどですが鉄道に関してもその底力を存分に発揮してくれています。

P1010205.jpg
新福井から歩いて福井駅前に戻ってきました。道が真っ直ぐつながってないですがそれでも5分程度のもの。
左の高架が現在えち鉄が使用中の北陸新幹線の高架。
右の赤い建物が新しいえち鉄の福井駅。
使用開始まで後2カ月ほどです

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

北陸私鉄 | 23:09:16 | Trackback(0) | Comments(0)
蘭森林鉄道、与川森林鉄道下山沢線アップ
西宮後停留場蘭森林鉄道9(長者畑入橋梁~長者畑)与川森林鉄道下山沢線をアップしました。
shimoyama180318-30.jpg
下山沢のヘアピンカーブ跡のコンクリート橋脚は健在。
大概このような橋梁は橋脚も木材だけでつくられて廃止されると跡形もなくなるので珍しい例だと思います。
残るは長者畑線ですが他に上山沢、下山沢の奥に長大な作業軌道の記録が・・・。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 11:18:06 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ