FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
福井鉄道レトラム735号~その1~
土佐電鉄から福井に移って「レトラム」の愛称で休日を中心に臨時運転に使われる735号。
寒冷地ドイツ生まれのためか非冷房で窓も十分に開かないためか暑い季節になると動かずなかなか見る機会が無かったのですがようやく見ることができました。

P1010129.jpg
福井駅前で並ぶドイツ シュツットガルト市電出身のレトラム735号。と元名鉄岐阜市内・揖斐線モ778。
この組み合わせだと735号の丸っこいシルエットから美濃町線にいた元札幌市電のモ870を連想します。

P1010143.jpg
ドイツの電車らしい大型パンタを振りかざし大名町交差点を行きます。
連接車ではなくそれぞれに単台車が付いたLRVに近い外観。
独エスリンゲン(Esslingen)社製のGT4形と言われるタイプでシュツットガルトやフライブルクなどの市内電車向けに1000mm、1435mmゲージ380台が納入されています。
735号はループ線での方転が基本のため片運転台構造で後部車両に運転台がなくドアも進行方向右側にしかありませんでした。
そのため高知入りの際に714号の運転台付き車と組み合わせの上でドア増設改造が行われました。

P1010144.jpg
連接部に台車がある福鉄モ770、880よりもえち鉄L01や福鉄F1000形と同族と言えます。


●福井のエスリンゲン車両
福井には735号以前にもエスリンゲン製の車両がいました。
国鉄初の電気機関車でアプト式で有名な10000→EC40形の車体を製造(電気品はアルゲマイネ社製)したのがエスリンゲンです。
トップナンバーの10000号は1911(明治44)年に製造、日本へ送られ翌1912(明治45)年2月に大宮工場で組み立て完了。
信越本線横川~軽井沢の碓氷峠で活躍し1928(昭和3)年の改番でEC40形となります。
1936(昭和11)年4月には後継機ED42の増備に伴い引退。
ところが1、2号機はアプト式関連機器を降ろしてえちぜん鉄道線の前身京福電気鉄道(福井)に譲渡され1942(昭和17)年竣工。
テキ511、512号となって現在福井鉄道と相互乗り入れしている三国芦原線を中心に貨物牽引に活躍しました。
山登りの機関車だけに鈍足ながらパワーはあるためか恐ろしく長大な貨物列車を牽いている写真を見たことがあります。
相互リンク先の「はーさんの鉄道・旅・よしなし草 40年前の鉄道風景 京福電鉄福井支社(1958~1963年)」にてテキ511、512現役当時の貴重な画像を見ることができます。

DSC_0800_20180403222932a06.jpg
テキ511は1964(昭和39)年に国鉄へ返還、鉄道記念物に指定され大宮工場で新車当時の姿に復元。
2018年現在は軽井沢駅で保存されています。
テキ512は1970(昭和45)年に廃車、1979(昭和54)年頃まで福井口車庫に廃車体が残っていたそうです。

40年の時を経てエスリンゲンの電車が再び福井に現れたというのは何とも奇縁ですね。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

北陸私鉄 | 23:00:04 | Trackback(0) | Comments(0)
えちぜん鉄道中角~鷲塚針原の春
今冬は雪害が大きかった福井。
「しらさぎ」の車窓からは南今庄付近では未だ残雪が多く見られました。
P1010151.jpg
一方で福井市街地など平野部は春を迎えています。
九頭竜川のそば三国芦原線中角~鷲塚針原の沿線でも田起しでカエルが鳴き始め、ヒバリが長閑にさえずる長閑な田園風景は例年通りでした。
中角駅の桜や菜の花のポイントはまだ早かったのですが残雪の山をバックにのびのびと走る三国芦原線のバラエティ豊かな列車
たちが見られます。

P1010164.jpg
普通福井行。在来の鉄道線用車MC6113。

P1010167.jpg
その後を追って行く急行越前武生行。
福井鉄道乗入車の赤いフクラムF1004編成

P1010180.jpg
フクラムと入れ替わりにえちぜん鉄道車ki-boのL-01編成、急行鷲塚針原行が来ました。


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

北陸私鉄 | 22:02:24 | Trackback(0) | Comments(0)
名岐鉄道キボ50の台車
福井鉄道西武生(現・北府)車庫で仮台車として使われていた旧型気動車用台車。
以前はモハ200など鉄道専用車両の検査時に使っていたようですが低床車ばかりとなった今は使ってるのでしょうか?

IMG_4159_20180316223747e38.jpg
イベントの折に近くで見ることができた際の撮影です。
3つとも同じ台車のようですが後天的な改造のためか微妙に差異が出ています。

IMG_4160.jpg
キハ41000辺りが履いてたTR26と似てますがさらに小型で日本車輌のBB75と言う台車のようです。

IMG_4161.jpg
仮台車のため枕バネなどは撤去されています。

IMG_4162.jpg
軸箱の刻印は日車のマークではないですが何なのでしょう?

福井鉄道の気動車と言うと非電化時代の南越鉄道→南越線にガソリンカーがいましたがこちらは単車だったのでこの台車の主ではなさそう。
他に気動車由来の車両と言うと以下の2車種が考えられます。
 ①瀬戸電気鉄道キハ300→名鉄サハ2200→クハ2200→福井クハ140(初代)
 ②名岐鉄道キボ50→名鉄キハ100、サ2060→ク2060→福井サ20
①は全線電化の瀬戸電が電力消費を抑えるため新造した1936(昭和11)年日車製の急行ガソリンカー。
同年登場の東横キハ1と同じ発想から生まれたもの。こちらも東横と同じでクハ化されて瀬戸線で使われた後福井に来てます。
福井では元名鉄モ700と編成を組んで福武線で使用されてました。
名鉄時代には既にブリルタイプの電車用台車に交換、福井ではさらに別の台車に交換してるのでこの台車とは関係なさそう。
mei-tc2201.gif
名鉄ク2201
戦前は瀬戸電の低いホームに合わせ低床ステップを装備、女性車掌乗務で話題を集めたとのこと。
流線型の東横キハ1と比べると平凡な箱型前面2枚窓でファンの話題にはあまり上らない気が・・・
前面窓が2枚か4枚かの違いはあるが耶馬渓鉄道キハ100形101~104→大分交通耶馬渓線と同型車体。

②は非電化で開業した名岐鉄道大曽根線(現在の小牧線)に10両投入された1931(昭和6)年日車製のガソリンカー。
こちらもエンジンを降ろして築港線で客車として使用されたり瀬戸線、西尾線、蒲郡線のクハとして使用された後にク2066、2069が福井に譲渡されたもの。
福井では鯖浦線の朝ラッシュ時増結用に使われたと言いますが水落でヒルネしている写真しか見たことがないです。
mei-tc2062.gif
名鉄ク2062
600V時代の瀬戸線、西尾線、蒲郡線で旧・愛電モ1000や旧・尾西モ200と編成を組んでいたがいずれも大柄なモハに小さなクハのアンバランスな編成になっていた。

fukui-t22.gif
福井サハ22
再び附随車化され塗装を福鉄色に変更した以外は変わらず。
写真でも走ってる姿を見たことがないのですが・・・


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

北陸私鉄 | 23:32:29 | Trackback(0) | Comments(0)
静岡鉄道300系→福井鉄道モハ300形
前回のクモハ352で懐かしくなったので今回は福井鉄道300形。
1966(昭和41)~1967(昭和42)年に静岡鉄道長沼工場で新製された300系3編成。
こちらもクモハ300+クハ300の2両固定編成を組んでました。
走行機器は新調品で平行カルダン車となり静岡鉄道オリジナル製作最高峰の車両と言えるでしょう。
1000系に置換えられた後も福井鉄道で主力として活躍しました。

IMG_8325.jpg
三十八社 2005(平成17)年6月19日
前面両側の窓が広いためかこちらの方がよりスマートな印象。
福井では冷房化、パンタの前面移設や幸橋の重量制限から車体重量を分散するためクモハ連結面寄りのモーターを下ろしクハの運転台側にモーターを設置、両車ともモハ300形を名乗りました。

IMG_8326.jpg
三十八社 2005(平成17)年6月19日
福井では塗色が初期は静鉄色→静鉄色で塗り分け線が直線的になったバージョン→福鉄色(クリームに青帯)→写真の塗装と変化しました。
末期は広告塗装が多かったですがやはりこの塗装が一番印象深いです。

IMG_1058.jpg
木田四ツ辻(現・商工会議所前) 2005(平成17)年11月5日
併用軌道区間で見ると2両でも堂々たる姿。

IMG_4841.jpg
上鯖江(現・サンドーム西)~家久 2004(平成16)年7月3日
撮影名所の日野川橋梁

IMG_4842.jpg
家久~上鯖江(現・サンドーム西) 2004(平成16)年7月3日
丹生山地をバックに。

IMG_4154.jpg
80形、120形引退イベント時に西武生車庫の片隅で。
解体されて唯一残っていたFS363T台車。これが300形を撮影した最後の1枚です。
西武生(現・北府) 2006(平成18)年6月25日

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

北陸私鉄 | 23:32:07 | Trackback(0) | Comments(0)
万葉線のアヤシゲ
DSC_0792.jpg
旧・越ノ潟口駅跡。ちょっと枯れた雰囲気ですがどこかのローカル線なら現役でもこんな所も・・・
1990(平成2)年に50m程高岡寄りに移転して海王丸駅に改称してます。
まあすぐ傍に綺麗な駅があるので知らずにここから電車に乗ろうという人はいませんよね(- -)

DSC_0791.jpg
廃駅らしくないのは封鎖されてないためでしょうかね。
23年前初めて万葉線に乗った時は移転直後だったはずですが当時と今で雰囲気は全く変わっていないような気が・・・。

DSC_0845_20140523001227569.jpg
車を回収して昼食後は米島口へ。
旧除雪電車のデ5022と一緒に気になってた6000型除雪DLが外にいました。
2012(平成24)年新潟トランシス製とのこと。

DSC_0847_20140523001230663.jpg
細面の凸型車体に内側軸受けなど何とも異形ですね。
走行を見たいとこですが。デ5022の時のような奇跡は起きないかな~(笑)

北陸私鉄 | 00:16:31 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ