FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
貨物鉄道博物館ワフ21120尾灯点灯試験
昨日は貨物鉄道博物館3か月ぶりの開館日でした。
作業で既に夏バテ起こしてましたがワフの尾灯点灯状態での初お披露目大勢の方にご覧いただけました。

とここでは直前の準備の様子。
P1120919.jpg
レンズ抑えのゴムパッキン交換、抑え金具のさび落としなど「そんなとこ見えないよ」というところまで~もはや自己満の領域(^ ^;)

P1120925.jpg
いよいよワフ21120に試験装着・・・左右の尾灯をつなぐ配線がモロ目立ち(爆)

P1120935.jpg
配線をデッキの手摺りの上に載せてしまえば・・・。

P1120975.jpg
これなら目立ちませんね

P1120932.jpg
午後の順光状態では遠目には点灯しているのかどうかあまりわかりません。

P1120971.jpg
暗くなってくるとようやく見えてきました。

P1130056.jpg
そして昨日の開館日、作業中のシキの上から撮影してみたところ。
午前中の逆光状態の方が真っ黒で却って点灯していることがわかり易かったです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物鉄道博物館 | 22:28:54 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
反射板
点灯状態でもランプは相当暗いですね。しかも元の倍の容量の電球なのに。
なるほど、自前の電源のたかが知れていた昔の客貨車で、後部標識に反射板を併用していた理由が一目瞭然です。ここまで暗いとは。
2020-06-08 月 23:11:41 | URL | たづ [編集]
ワフの電気事情
たづさん、こんばんは。
今の尾灯が明るくなったのは間違いないでしょうね。
ただしこのランプはあくまで自動車のナンバープレート照射用なので実際の尾灯がこの明るさだったかはよくわかりません。
ワフ21000は車軸発電機もなく尾灯はバッテリー搭載のものを特別に準備せねばならずヨ8000など新型の車掌車が増えると敬遠されていたそうです。
車内灯もないので夜間の執務室照明もスタンドなど持ち込んでいたのか気になるところ(^ ^;)
2020-06-09 火 21:49:57 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する