FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
末期の名鉄モ700型
モ750、ク2320と来たら後はモ700ですがこちらは当時モ750と区別がついておらずまともに撮ったのは一回だけ。
乗車もク2320に乗りたかったのでモ700は後回しにしている内に廃車されてしまいました。

モ700型はモ750型の1年前に登場していますがほぼ同系統と言ってよいうような車両。
電装品が違いましたが両形式とも後天的に改造されるとほとんど形式の違いに意味が無くなっていたのではないかと・・・。
見た目はモ700の方がステップが若干深いという程度の違いでした。

●モ703
1927(昭和2)年4月製造、デセホ703
1941(昭和16)年車両称号変更モ703
1962(昭和37)年瀬戸線配置
1978(昭和53)年揖斐・谷汲線配置
1998(平成10)年4月廃車
19970320_mc703.jpg
片運転台化されク2326と編成を組んでいたモ703。
日中は出番がないため行先表示板には「この電車は発車しません」と書かれていました。
片運転台のため末期は常にク2320と編成を組んでいましたがク2320が廃車になった後もモ750と編成を組んで1年ほど生き延びています。
1997(平成9)年3月20日 忠節

瀬戸線移動前は小牧車庫に集中配置されていたモ750に対しモ700は各務原線新那加車庫配置でした。
昇圧される前にモ702~704の3両だけ瀬戸線に移動しましたがそれ以外はモ706が新川工場火災により廃車。
モ701、705は福井鉄道に貸し出し後譲渡、モ707~710も北陸鉄道に譲渡されて名鉄での残存率は低下していました。
福井では南越線で単行運転に使われた後元瀬戸電ガソリンカーと固定編成を組んで初代モハ140に。
北陸鉄道では前面貫通化、前面窓のHゴム化、シールドビーム化が行われ独特の表情に変わりました。
当時福鉄、北鉄は北陸進出を狙う名鉄の傘下に入ったところでまずは自社の車両を送り込んだのでしょうか。
fukui-mc140(1).gif fukui-mc701.gif
福井鉄道貸し出し時のモ701。この色はこの色でローカル電車らしくて良いですね。
この後片運転台化、クハ140(元瀬戸電キハ300→名鉄ク2200)と固定編成化され前面窓もHゴム化されて福武線で使われていました。

hoku-mc3703.gif hoku-mc3702.gif
大改造された北陸鉄道モハ3700型。
隙間風対策でHゴム化された様子。能美線が廃止になると余剰車となり新西金沢の側線で昼寝していたとのことですが一足遅かったのか金沢で見たことはありません。

いずれも譲渡先より本家に居残ったほうが良い状態で生き永らえたという妙なパターン。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 22:45:28 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
福井鉄道、北陸鉄道への譲渡分のGIFアイコンだけ見ると元の電車と全然違うものに見えます。現車をパッとみても元名鉄の電車と気づかないのではないかと思いました。名鉄の赤一色はやはり強烈な印象なのだなあと改めて思いました。

福井鉄道に名鉄車が入る流れはこの頃からだったのですね。今は各ローカル私鉄で「東急化」が進んでいる印象をもっていますが、大手私鉄にとっては保守作業を受注できる辺りがビジネスとしての旨味なのかなあ、と思いました。
2020-05-31 日 06:35:32 | URL | きみ [編集]
はじめまして。
はじめまして。ここからの失礼お許しください。
自分の手元にある日立 №13147
の製造銘板がどのスイッチャーなのか知りたく詮索しているうちにここに辿りつきました。よろしければご教示していたたけませんか?よろしくお願いします。
2020-05-31 日 20:02:41 | URL | 大阪敦 [編集]
環境に適応したモ700
きみさん、こんばんは~。
当時の名鉄の経営陣が旧制四高(現・金沢大学)出身者で占められていたため金沢とつながりが強く北陸進出となりモ700はその現物出資の一環として送り込まれたようです。
北陸に行ったモ700はHゴム化されてお面相が随分と異なったものになっていました。
ファンからは「原型の美しさが損なわれる」と言われそうですが北陸の環境にはそんな生温い論理は通じませんからね~(^ ^;)
サッシの隙間に雨雪が侵入することによる腐食や隙間風の問題がありました。
名鉄でも揖斐、谷汲線は冷え込みが厳しいので冬場の前面窓はガムテで目張りしていましたね。
今では名鉄資本は北陸から撤退が進み時代の移り変わりを感じます。
2020-05-31 日 21:13:30 | URL | 西宮後 [編集]
日立No.13147
大阪敦さん、はじめまして。
本州化学和歌山工場(紀勢本線紀三井寺)→日通向日町(東海道本線向日町)→住友大阪セメント五日町包装所(上越線五日町)と活躍してきた25t機のようです。
リンク先の奥野さんのブログ「奥野君の専用線日記」に掲載されているこの機関車ではないかと思われます。
奥野君の専用線日記 向日町報告 2010年7月2日
http://okunokun.ikora.tv/e435652.html
2020-05-31 日 21:36:07 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する