FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
平成の名鉄モ750型全車画像集め~その1~
19年前名鉄揖斐線黒野~本揖斐、谷汲線が廃止になって消えたモ750型。
1928(昭和3)、1929(昭和4)年に日本車輛で製造され名古屋鉄道西部の600V区間で長く使われました。
昭和20年代に犬山、岩倉支線でモ750を運転されていた名鉄運転士OBの方より「加速性能、信頼性とも申し分なく運転してて気持ちの良い最も思い入れのある車両」というお話も伺っておりこれが長寿の理由だったのかも知れません。
昭和40年代に廃車になったモ753、756、757や1964(昭和39)年の新川工場火災で焼失したモ760以外は全車撮影していたのでアップします。
並べてみると個々で尾灯の高さが異なりちょっとずつ表情が異なっているのがわかります。

●モ751
1928(昭和3)年11月製造、デセホ751
1941(昭和16)年車両称号変更モ751
1965(昭和40)年5月瀬戸線配置
1967(昭和42)年片運転台化、車内照明蛍光灯化
1973(昭和48)年8月揖斐・谷汲線配置、両運転台化
2001(平成13)年12月11日廃車
19951125_mc751.jpg
揖斐線黒野~本揖斐ローカル運用に就くモ751と急行岐阜駅前行の赤いモ770(車番不明)。
1995(平成7)年11月25日 黒野

200005XX_mc751.jpg
谷汲駅を発車。
2000(平成12)年5月 谷汲

●モ752
1928(昭和3)年11月製造、デセホ752
1941(昭和16)年車両称号変更モ752
1965(昭和40)年5月瀬戸線配置
1966(昭和41)年揖斐・谷汲線配置、HL制御化
1969(昭和44)年6月or10月?電装解除ク2151
1969(昭和44)年中に再電装モ752に復帰
1970(昭和45)年AL制御化
1998(平成10)年4月13日廃車
19951125_mc752.jpg
ほかの仲間たちが瀬戸線に集結する中一足早く岐阜600V線入りしたところ手違いでモーターを降ろされてク2150型ク2151に。
電動車が不足したためすぐにモ752に復旧されたという変わった経歴を持っていました。
尾灯の位置が低くやや落ち着いた表情に見えました。
1995(平成7)年11月25日 谷汲

●モ754
1928(昭和3)年11月製造、デセホ754
1941(昭和16)年車両称号変更モ754
1965(昭和40)年5月瀬戸線配置
1967(昭和42)年片運転台化
1973(昭和48)年8月揖斐・谷汲線配置
1993(平成5)年7月両運転台化
2001(平成13)年12月11日廃車
200005XX_mc754.jpg
瀬戸電時代に片運化されたまま残り平成になってから廃車になったモ702の機器を使用して両運転台化が行われていたそうな。
2000(平成12)年5月 谷汲

20010918_mc754.jpg
平成になってから両運転台化された運転台側。外観上特に変わった点は無し。
2001(平成13)年9月18日 本揖斐
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 21:36:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
両運転台→片運→両運への改造が意外に多いのですね。旅客需要に対応した改造だったのかな。それにしても、やはり美しい電車ですね。
2020-05-22 金 06:01:08 | URL | きみ [編集]
モ750の改造遍歴
きみさん、こんばんは~。
小牧・広見・八百津線のようなローカル線から都市型の瀬戸電、再びローカルの揖斐・谷汲線と渡り歩いたためそれぞれの路線の特性に合わせて改造していたのでしょうね。でも改造が多い割には原型を損なうことなくよく保っていたと思います。
金沢から愛知に引っ越した時はこの電車を見るのを楽しみにしており忠節駅の側線に佇んでいるのを初めて見たときはもう後光が差しているかのようでした(笑)

2020-05-22 金 21:39:52 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する