fc2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
近江鉄道ワフ1形
近江鉄道彦根駅構内で最近まで数多く見られたワフ1形。写真などを見返した限りではワフ4~9がいた様子。
近江鉄道ミュージアム閉鎖で全て姿を消したと思われますがまだどこかにいたりしませんよね?
木造のワブ2型ワブ2号、ワブ3型3,4号を鋼体化してワフ1~3号とする設計認可申請が1963(昭和38)年5月2日。
ワフ4~9号もその後続けて鋼体化したものと思われますが認可書類は見ていません。

●ワフ1~3のスペック
全長6300mm、全巾2573mm、全高3358mm
固定軸距3098mm
荷重8t、自重7.75t

直前には国鉄よりED14 2,3も譲受しており当時増大していた石灰石輸送などに充てるワフ延命のため生まれた車両だったようです。

20021007-1.jpg
灰色ワフ+ワフ5+ワフ4。灰色ワフだけ車号不明。
当時は残存数が多くあまり有難味が無かったのか本気で調べることも無かったです(^ ^;)

021007_wafu5_1.jpg
ワフ5
車体の番号はもう読めなくなっていましたが台枠の番号はまだ読める状態。
乗務員扉にはうっすらと「車掌」の文字が見えます。
種車の流用と見られる古典的なシュウ式軸受けが新し目の上回りと不釣り合い。
ワフ1登場から間もないヨンサントオこと1968(昭和43)年10月ダイヤ改正で国鉄乗り入れは2段リンク式しか認められなくなり多くのシュウ式軸受けを持った貨車が失職するか軸受け改造を行いましたが最初から線内利用しか想定していないワフはそのままで残ったようです。

021007_wafu4_1.jpg
ワフ4
こちらは荷重8t、自重7.8tの文字も見えます。
以上3枚2002(平成14)年10月7日 彦根で撮影

041120_fr_1.jpg
彦根車両基地の車両が整理され有蓋車群も処分されたものと思っていたら黒塗りされてずら~り。
異様な光景に気圧されました。

041120_wafu4-5_1.jpg
元の標記が消えたので車号がわかりません。
下回りの塗装状態や配列からすると↑のワフ4+ワフ5かな?

061022_wafu8_1.jpg
彦根車両基地整理時に元々比較的状態が良かったためかワフ8は再塗装対象から漏れた様子。
とは言えこちらも現役時代の塗装ではなく休車状態になってから再塗装ではないかと思われます。
そのためか自重や荷重、乗務員扉の車掌標記は省略されています。

061022_wafu9-7_1.jpg
灰色ワフ+ワフ9+ワフ7+ワ?
灰色ワフ以外は車号が記入されましたが本当に合ってる?
消去法で行くと灰色ワフはワフ6ということになるのですが・・・。

これらワフは近江鉄道貨物の最末期には連結が省略されていたようで最後の鳥居本石油貨物には連結されていませんでした。
1984(昭和59)年頃の写真を見るとまだ連結されていたので石灰貨物と共に運用が無くなったのでしょうかね。
その後も長く残っていたわけですがワフ1~3は2000(平成12)年頃には既に解体されていたのか見た覚えがありません。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

関西私鉄 | 22:19:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する