FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本石油彦根(米原?)油槽所専用線(近江鉄道本線鳥居本駅)~その2~
近江鉄道本線鳥居本の油槽所専用線2回目~
toriimoto_map.png
鳥居本駅配線図再掲。

P1120476.jpg
油槽所も無くなって運送会社が入っていたり専用線の面影は薄いのですが昭和40年代に増設された側線の貨車門が残っています。
奥の側線は運送会社敷地内で舗装されて跡形もありません。

P1120469.jpg
米原方から鳥居本駅構内を見た様子。右に並走していた専用線の跡はススキに埋もれてしまっています。

P1120468.jpg
踏切名は今でも「鳥居本日本石油踏切」となっています。

P1120475.jpg
一般貨物の貨物ホーム。
使っていないように見えますが架線柱が木製から新しいコンクリートポールに交換されており会社としてまだ使う見込みありと見なしているようですね。

P1120473.jpg
構内踏切より見た貨物側線。

20011101-2.jpg
19年前の同じ場所。釣り掛け電車の500形モハ505+クハ1505近江八幡行が入線してくるところ。
この時点で既に灰色ワフは彦根に引き上げています。
2001(平成13)年11月1日

20021007-1.jpg
鳥居本から彦根に帰還していた灰色のワフ1形。何度か車番が読めないかと挑戦したものの結局読めず。
旧来の木造ワブなどを昭和30~40年代に鋼体化改造したものですが例によって元の部品がどの程度使われているかは不明。
後ろは左から順に同型のワフ4、ワフ5。
鳥居本では売店倉庫などとして使っていたそうですが実際に使われていたところを自身では見たことがありません。
2002(平成14)年10月7日

20011101-1.jpg
19年前の鳥居本駅駅舎。
修復から間もないころで赤い屋根が鮮やかでした。
2001(平成13)年11月1日

●日本石油彦根(米原?)油槽所専用線のスイッチャー
近畿運油の10t機が常駐し末期の1985(昭和60)年になって世代交代しています。
・無番機(初代)
日本輸送機1964(昭和39)年12月製の10tディーゼル機関車。
ロッド駆動の半キャブで北沢産業網干鉄道DB2などと同タイプ
車体は黄色一色だったようです。

・無番機(二代)
日本車輌1985(昭和60)年製の10t機。
他で類を見ない形態ですがダム工事でセメントミルク輸送に使うバンカー線用の工事機関車を貨車入換用に仕様変更したものだそう。
廃止後はまだ新しかったので横浜の内外輸送専用線に転じて新興駅で貨車入換を行っていたものの現存はしていないようです。
奥野君の専用線日記の奥野さんが現役時の映像を撮影されています
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:16:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する