FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名鉄瀬戸線矢田駅の貨物側線跡
現在の瀬戸線一の急曲線と鉄橋に挟まれた矢田駅。
焼き物の町瀬戸から流れる矢田川のそばの台地の縁にありすぐ傍にナゴヤドームが望めます。
かつては軌道線らしい大型ステップ付きの電車が1両か2両で走っていたのが徐々に大型化して今では19m3扉の4両編成が窮屈そうに停車します。
こんな小駅でも1951(昭和26)年まで貨物を取り扱っており貨物側線がありました。
主にどのような貨物を扱っていたのかはよくわかっていません。

P1120571.jpg
矢田駅栄町(堀川)方にある架道橋。矢田名物の瀬戸電唯一のトラス橋です。

P1120577.jpg
一枚上のトラス橋をくぐって右へ曲がると矢田駅尾張瀬戸方面乗り場。
栄町方面乗り場は架道橋手前の路地に入っていく必要があり、間違えると大迂回を強いられる初心者泣かせの困った構造をした駅でもあります(^ ^;)

P1120607.jpg
尾張瀬戸方面改札を入って栄町(堀川方)を見た様子。
トラス橋より向こう隣の大曽根駅までは高架化時に線路が付け替えられルートがかなり変わっています。
旧線跡は住宅地化時に整地され区割りを含め痕跡がありません。
手前に見える瀬戸電以来の鉄製架線柱には建植時期なのか大13-12・・・1924(大正13)年12月の標記が見られます。

P1120604.jpg
貨物側線があった尾張瀬戸方を見た様子。
右の上り線から下り線へ右手前から左奥方向へ渡り線があり、その奥で下り線から左手前方向へ貨物側線が延びていました。
1951(昭和26)年の貨物取扱い廃止後まもなく撤去されたようで1957(昭和32)年の配線図からは既に消されていました。
横から直角に交わる短い線路は保線用軌道バイクのアクセス線路。

P1120580.jpg
貨物側線跡を駅の外から見た様子。駐車場になっています。
駅前の道は瀬戸電と並行する瀬戸街道(愛知県道15号名古屋多治見線、61号名古屋瀬戸線重複区間)で渋滞の巣窟。

P1120581.jpg
尾張瀬戸方の半径120mカーブ上から矢田駅を見た様子。
制限35km/hで岐阜市内の軌道線亡き現在では名鉄一の急曲線とのこと。
瀬戸電の準急、急行は矢田駅通過ですがこのカーブ、さらに矢田川を挟んで連続して急カーブがあるため減速を強いられます。

P1120593.jpg
矢田駅に進入する4000系4009F栄町行普通。

yada_freight.png
矢田駅貨物取扱量の変遷。末期の2年分しかデータがありませんが悪しからず。
愛知県統計年鑑(愛知県)より
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:03:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する