FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
宮津臨港線(宮津線宮津駅)~その3~
宮津臨港線3回目~。

P1110653.jpg
用水路に架かるコンクリート橋を別角度から。
奥に見える橋もスイッチバックして京都府漁業協同組合連合会(漁連)宮津支所へ向かっていた線路跡ですが向こうは架け替え済み。
その先は宮津湾、天橋立も見えています。

P1110650.jpg
右の建屋後方から奥へカーブしながら埠頭へ線路が延びていました。宮津港は京都府営なので京都府専用線となっているのはこの埠頭内の側線のことだったのでしょうか。
以前はガントリークレーンなどがあったのですが今ではそれらしいものが見当たらなくなりました。
手前の路面に現れている舗装の継目はスイッチバックして漁連へ向かっていた線路の跡では?

この埠頭ではニューカレドニアから日本冶金大江山製造所向けのニッケル鉱石を陸揚げ貨車積して臨港線、宮津線経由で丹後山田へ。
丹後山田から加悦鉄道機が入換業務を行っていたことで知られる日本冶金大江山製造所専用線で工場まで運ばれていました。
当日は入港していませんでしたがニューカレドニアからのニッケル鉱石輸送は現在も行われており宮津湾から艀で天橋立の有名な回転橋の小天橋を通過して大江山製造所まで運んでいます。
戦時中大江山鉱山のニッケル鉱石を加悦鉄道で輸送していた大江山製造所は敗戦とともに操業停止していたのですが1952(昭和27)年1月にニューカレドニアからの輸入鉱石で再開することになり、1952(昭和27)年6月15日には宮津港へニューカレドニアからの第1便が到着。
宮津港~大江山製造所で3軸貨車のトキ900を連ねた鉱石シャトル列車が1日3往復走ったそうですが1956(昭和31)年10月には沖合に停泊した本船から艀で工場まで鉱石を海上輸送するように変わってしまい臨港線の華やかな時代は4年ほどで終わってしまったようです。

P1110645.jpg
ニッケル輸送の関係か漁連への線路沿いには加悦鉄道の後身、宮津海陸運輸の事務所があり社屋には↓の加悦鉄道の気動車などに描かれていたのと同じ社紋が掲げられています。
IMG_5196.jpg
加悦鉄道キハ51の社紋。

P1110642.jpg
漁連方面は駐車場になって何も残っていません。

P1110640.jpg
漁連の魚河岸辺りまで線路が入っていたそうですが白い冷蔵貨車も入線していたのかな?

参考文献:
RM LIBRARY180 加悦鉄道 -丹後ちりめんを運んだ「絹の鉄道」-(上)、(下) (NPO法人加悦鐵道保存会/著 ネコ・パブリッシング/刊)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:56:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あの風光明媚な天橋立を鉱石運搬船が通っていくなんて知りませんでした。鉱山がなくなっても関連産業はしっかり息づいている・・そうした中で、臨港線はごく一時期だけの活躍だったようで、光と影を感じます。

加悦SL広場が閉園の方向で調整に入ったようですね・・。
2020-01-11 土 07:00:45 | URL | きみ [編集]
ニッケル輸送と加悦SL広場
きみさん、こんばんは。
お体の加減はいかがでしょうか?

宮津湾にニッケル船が入港している時は赤茶色の土山を載せた艀が引っ切り無しに行き来して天橋立の旋廻橋がその度に回っていました。
子供の頃は当たり前な光景と思っていたのですが大人になって改めて貴重な光景と気付いても撮影しようとすると撮れないんですよね~(^ ^;)
ここで働くタグボートには加悦SL広場のPR看板が付いており鉄道輸送が無くなってもその歴史を大切にする姿勢が感じられ非常に好ましかったです。

加悦SL広場が閉園の方向で調整・・・一方で京都市内で保存されてたC160を里帰りさせて2月公開目指して整備中との話も聞いており、現場の方々も揺れる状況に御苦労が絶えないようで同業者の端くれとしては心中察するに余りあるところです。
2020-01-12 日 23:23:20 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する