FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名鉄DB15のこと
名鉄には1988(昭和63)年までDB15というディーゼル機関車が在籍していたことになっています。
1973(昭和48)年製の日本車輌製15t機・・・という普通のスイッチャー。
東名古屋港の日車大江工場の入換機だったようです。
停留場でも取り上げていますがどうも謎が多い機関車です。

日本製機関車製造銘板・番号 集成(渡辺肇著)には1973年6月に名古屋パルプDB15(製番2975)という15t機が載ってます。
名古屋パルプというと広見線可児川のDB75がいたところ。
「可児川でDB75でないスイッチャーを見た」という目撃談も聞いたことがありますがDB15だったのでしょうか??(予備機がいなかったのでDB75検査中にどこかから借入れた機関車という可能性も強いですが。)

となると考えられそうなケースは・・・
 ケース1. そもそも名古屋パルプ納入の記載が間違い。 受注したものの納入前にキャンセル
 ケース2. 納入後に返品
というところでしょうか?

db1502-1.jpg
因みにDB15のひとつ前の製番を持つ2974はデンカセメントDB1502。
2013年1月現在はえちぜん鉄道福井口車庫の入換機になってます。
恐らくDB15も同型と思われます。

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 14:58:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
製番は受注順
西宮後さんこんにちは

メーカーでは、ふつう受注した段階で製番を降ることが多いと聞いていますから、渡辺台帳のリストは正確には「受注先」であり「納入先」ではないと思われます。
実際に日立のスイッチャーを調べていると、リストには載っていても、実際には製作されなかった車両もありますので。
日立のサプライリスト(納入先別諸元表)と突き合わせないと正確には把握できないかも。
こういった調査は複数資料が基本になるのかなと思っています。
2013-02-14 木 12:50:33 | URL | 社長 [編集]
キャンセル品
社長さん、コメントありがとうございます。

なるほど、「受注先」ですか。
注文流れを自家用にするのもありそうな話です。

可児川の専用線では新製後数年の日車ロッドを日車に出戻らせた(代わりに日車15t初期型DB75導入)「前科(?)」もありますし、様々なケースが想像されます。

DB15は日車大江工場からもあまり出て来なかったのか目撃例も今のところ聞いたことがなく、今のところ名鉄の過去の車籍でしか確認が取れていません。
ただ、車籍は残っていても実際に機関車はいない「幽霊機関車」状態だったようです。
2013-02-14 木 23:13:15 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する