FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
小坂森林鉄道鹿山線~その7(下呂俣官行事業所跡)~
小坂森林鉄道鹿山線の拠点下呂俣官行事業所跡。
官行事業所は後には製品事業所と呼称されますが要するに伐採事業の最前線にあった事務所兼宿舎のこと。
鹿山線起点の大洞より8,644m、高山本線飛騨小坂駅と隣接する大島貯木場から18,824mの奥地です。

P1110363.jpg
かつて事業所前に3本の線路が並んでいた跡。
左には事業所建物基礎の石積みや石段が残存。

geromata_2.jpg
鹿山線現役時代の同一地点。
左の木造石置き屋根の建物は線路が引き込まれていることから機関車庫、中線には富士重工業製のモノコックトロが留置されています。
横では割烹着のまかないさんが窓枠のようなものを干している様子?障子の張り替えをしようとしているのでしょうか??

geromata_3.jpg
鹿山の機関車庫図面。
1935(昭和10)年の鹿山軌道下呂俣開通時に設けられたもので線路が貫通して前後に扉があるのに対し上の写真は庫内で行き止まり式のように見えます。改築された後なのかも知れません。
庫内には点検用のピットも設けられています。

P1110372.jpg
車庫があった辺りを見ると笹でわかりにくいものの長細い窪みがあります。
ピットが埋もれているのかも?

P1110322.jpg
下呂俣事業所の建物跡。中央に玄関前の石段があります。

geromata_1.jpg
かつてはこのような事業所建物が建っていました。
下呂俣より奥にもカエル俣まで作業軌道が延び戦後二級森林鉄道に昇格してますが工事中で立入不可でした。
少し見た限りではここまでの線路は忠実に林道に利用されたのに対し奥地の区間はヘアピンカーブなど林道から大きく外れた部分もある様子。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:39:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する