FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
富士紡績小坂井工場専用線(東海道本線西小坂井駅)
旧小坂井町(現在は豊川市)の駅で、小坂井駅は飯田線。東海道本線の駅は西小坂井駅です。
というのも西小坂井駅の方が後からできたためです。
西小坂井駅のルーツは戦時中に専用線を分岐させるために新設された西伊奈信号場。
専用線のために生まれたような駅でした。

作業キロ:1.0km 総延長キロ:1.4km
作業方法:日通機

戦時中に陸軍航空本部の指令で住友金属工業の工場、専用線が建設されることに。
信号場・専用線建設の用地買収はすんなりと行ったようです。
と言うのも住民は将来的に信号場が駅に昇格するのを期待していたためとか・・・。
工場が完成したのは1945(昭和20)年6月(西伊奈信号場開業が6月10日となってます)。
が、たった2カ月で敗戦。工場も専用線も無意味なものに。

しかし住民の駅設置希望は間もなく適い、西伊奈信号場は1948(昭和23)年8月1日に西小坂井駅へ昇格。
そして住金の工場跡地には富士紡績が綿紡績工場をつくることになり1951(昭和26)年11月に竣工。
西小坂井駅からの専用線も復活します。
1951~53年度の統計では西小坂井駅到着貨物の30%を原料の綿花が、発送貨物でも製品の綿糸が50%超を占めています。

専用線一覧では1953(昭和28)年~1970(昭和45)年版で記載が見られますが。1970(昭和45年)版では使用休止になっています。

DSC_0416_20130107225302.jpg
以前から気になっていた西小坂井駅の上り側線の鉄製架線柱。
何だか私鉄っぽい雰囲気が・・・。
すぐ隣の飯田線であれば元私鉄線だからと納得がいくのですが??

DSC_0419.jpg
その側線から名古屋方に専用線が延びていました。

DSC_0420.jpg
実際には500mばかり東海道本線に並走してからひょいと北へ曲がって道路を渡り工場に入るだけ。
しかもかつての紡績工場も規模縮小により専用線が入っていた辺りは別会社の工場になっており面影はありません。
名残は東海道本線並走部分の路盤のみです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 20:38:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する