FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三菱レイヨン幸田工場専用線(東海道本線幸田駅)
2012年3月25日撮影と10カ月も前の撮影ですが取り敢えずUP。
何にしろ直接的な痕跡は皆無に近いので(^ ^;)

岡崎から豊橋に向かい、両側に山が迫ってきた場所にある幸田駅。
因みに駅名は「こうだ」ですが現町名は「こうた」町。町制を敷く前は「こうだ」村だった名残とか・・・。

トヨタのある三河地方だけあって田園地帯に部品工場が存在してます。
ここも自動車工業以前は繊維工業が占めており紡績工場がありました。

幸田村に愛知織物の工場ができたのは1934(昭和9)年のこと。
専用線も同時に建設されたようです。
愛知織物は1936(昭和11)年11月に呉羽紡績に買収されます。
そして戦時中には軍により工場を軍需産業に転換させられ、1942(昭和17)年大日本兵器が買収。
豊川海軍工廠の下請けで航空機用機関銃を製作していたそうです。

敗戦を迎えると今度は三菱化成が繊維工場に復元。
1950(昭和25)年に三菱化成は新光レイヨンを設立、1952(昭和27)年に三菱レイヨンへ改称。
レイヨン専紡工場として操業していました。
専用線一覧では1951(昭和26)年~1970(昭和45)年版で記載が見られます。
但し1967(昭和42)年版以降は使用休止になってます。

作業キロ:0.8km 総延長キロ:0.8km
作業方法:田中組機
スイッチャーは田中組という業者の所有だったようです。

DSC_0402_20130107225013.jpg
幸田駅は島式ホーム1面を本線と待避線が囲む形。
しかし本屋側をよく見ると・・・

DSC_0403.jpg
煉瓦積みのホームの残骸があります。
貨物ホーム跡でしょうか??

DSC_0404.jpg
肝心の専用線は岡崎方に延びていました。
本線との並行部分に関しては路盤が残っています。(右端の敷地)

DSC_0407_20130107225017.jpg
分岐後は築堤で幸田の市街地を横切り県道483号線をオーバークロスしていたはずですが一切の痕跡なし。
奥の架線柱が見える辺りから手前に見える上屋辺りを通り、左端へ続いていたはずなのですが・・・。
1974(昭和49)年に刊行された幸田町史には専用線の築堤が写っており、県道などのオーバークロス部はコンクリート桁が架かっていました。

DSC_0409.jpg
用水路を渡る個所も何の痕跡もなし。
現在の幸田町役場前の道路を通っていたはずですが想像もつきませんね。

DSC_0411.jpg
工場跡は公園と住宅地に。

参考文献:幸田町史
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 16:56:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する