FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
出光興産専用線(北陸鉄道石川線道法寺駅)~その1~
北陸鉄道石川線が金沢近郊の住宅街から田園地帯に入り山も近付きローカルムードが出て来る辺りにある交換駅。
昭和30年代に出光興産の専用線が出来ています。
1957(昭和32)年以降に新設されたようで専用線一覧表では1964(昭和39)年版~1970(昭和45)年版で確認。
石川線の貨物廃止は1976(昭和51)年なのでそれまでに廃止されたものと思われます。

作業方法:社機
作業キロ:0.4km

子供の頃住んでた時(90年代前半)はまだ油槽所(というよりガス倉庫?)があったような覚えがありますが今では新しい住宅が建っています。
ということは結構最近まで油槽所が残ってたのかも?

P1100063-2.jpg
道法寺駅入り口。
貨物扱いがあった頃は駅舎があり有人駅だった様子。
90年代時点ですでに駅舎は無くこんな風でした。最近整備されたらしい駅前広場が出来ていました。

P1100061-2.jpg
島式ホームは狭いながら待合室もあります。
北陸鉄道は旧型電車が使われていた時代から近代化された駅が多く渋い木造駅舎などはあまり残っていませんでした。
電車は新型車を入れて駅舎は古かった富山地方鉄道とは対照的です。

P1100068-2.jpg
道法寺駅を西側から見た様子。
バックには獅子吼高原へ連なる山並みが近付き風景はローカルムード。

P1100071-2.jpg
鶴来方から見た様子。
専用線は左の線(野町方面上り線)から分岐していた様子。

P1100072-2.jpg
ホームから見た野町方。
専用線は左の上り線が本線へ合流するのに対し直進して油槽所に入っていました。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:22:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する