FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
消えた西濃鉄道ワ108のダルマ
奥野さんより西濃鉄道昼飯(ひるい)線の旧・昼飯駅が「更地になってたよ」と聞いて行って見ると・・・
P1090668.jpg
あらら・・・。

P1090669.jpg
駅舎やワ108の貨車ダルマがあったところも御覧の有り様。

img142-1.jpg
以前はこのように好ましい木造駅舎と倉庫代わりのワ108が置いてありました。
2002(平成14)年2月5日撮影

img142-4.jpg
ワ108は西濃鉄道ワ100形ワ101~110の内の1両。
ワ100形101~103は1949(昭和24)年8月3日認可で国鉄から譲り受けた木造有蓋貨車ワ18225、2829、5409を前身としますが後の車は無蓋車からの改造。
ワ108は1913(大正2)年1月土崎工場(現・秋田総合車両センター)製のト1形ト16033号を1949(昭和24)年8月3日認可で譲り受け西濃ト20形ト47号としていたものを1957(昭和32)年5月9日付けで鋼製車体を新製して有蓋車ワ108としたもの。
実質的には内張りの木部もない鉄製有蓋車テに当たったようですがもうそろそろ有蓋、鉄側、鉄製の境が曖昧になって来ていたのでしょうね。
国鉄ト1→西濃ト20時代はアオリ戸が側1枚全開き、3枚側の木造車体だった様子。
2002(平成14)年2月5日撮影

img142-5.jpg
扉にはワ108の車号、その下には国鉄線乗入認可の2重白線、積1.4、空0.8の文字もよく見えていました。
効率の悪い小さな10t積みで2段リンク化改造していたとも思えないので国鉄乗入認可は1968(昭和43)年10月改正で取り消されたものと思われますが正式な廃車時期は未調査。
2002(平成14)年2月5日撮影

P1090477.jpg
ワ108は鉄製車体なのでやはり袋詰めの生石灰の出荷に使っていたのでしょうか。
この前まで貨物鉄道博物館で再塗装作業を行った国鉄テラ1形テラ146号と同一用途です。
一緒に連結されていたこともあるかもですね。

参考文献
RM LIBRARY 99 西濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

東海私鉄 | 23:02:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する