FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
君津製鉄所の機関車~日立80t機~
日本製鉄君津製鉄所の機関車60t機に引き続き日立80t機。
80t機は銑鉄を運ぶトーピードカーを牽く構内鉄道の花形的存在(?)。
1970年代製造のものは60t機と同じくキャブ付きですが1990年代以降製造の新しいものはキャブ無しのようです。
60tと80tの間に70t機D.7013号(2005(平成17)年日本車輛製)もいるようですが今まで見たことが無いのでどちらの用途で使われているかはわかりません。

P1090346.jpg
今回撮影できたのはD.8005(左)とD.8002(右)の2台。
どちらも日立製作所笠戸工場製でD.8005は1975(昭和50)年、D.8002は1971(昭和46)年製造。
見た目に差異はない・・・と思いきやD.8002の方が白帯の位置が高いですね。

P1090363.jpg
D.8005が湯気(・・・と言って良いのだろうか?^ ^;)の立ったトーピードカー2両を牽き出し。
空車で300t、満載すると600tと説明があったので2両牽引だと1,200tあるのでしょうか?
1200tと言うと石油満載のタキ1000×19両編成分くらいでしょうか。
満載とは限らないので実際の重量はわかりませんが。
これも低速とは言え貫通ブレーキ無しで止めるのだから凄い(・ ・;)

P1090366.jpg
こちらも60t機と同じような構成ですが60t機よりがっしりとした台車を履いているので堂たる印象。
キャブ下にはエアタンクを4丁ぶら下げている様子。
台車の横前後端寄りには砂箱も見えます。重量列車牽き出し時には使いそうですがテレコンで砂撒き操作もできるのでしょうか?

P1090373.jpg
D.8005に続いてD.8002も動き始めました。
トーピードカーと対比。

P1090459.jpg
銑鉄を降ろして第4高炉前に戻ってきたD.8005とトーピードカーT47+T50。

P1090465.jpg
一仕事終えてお休みのようです。
日立80t機を前から見るとキャブ屋根が扁平で専用線の日立スイッチャーとは異なった印象。
むしろ同時期製造の日本車輛製35~50t機辺りに近いような感じがします。
セミセンターキャブかセンターキャブかの違いはありますが。
↓日車35t機の例 八戸通運DD351
DSC_0440.jpg
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 10:47:13 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
4枚目・5枚目の写真を見た時、多少の違和感を覚えました。
連結器中心高さが標準(880mm)よりかなり上げてあるように見えます。
1676mm軌間を使っている扇島製鉄所は中心高さ1100mm程度ということは把握していますが(インドでの標準高さも1100mm程度です)、標準軌でこのようにする理由はなんでしょう?
2019-08-20 火 08:33:54 | URL | たづ [編集]
西宮後さん
こんばんは
当日はおつかれさまでした
今年はいつになく高頻度でやってきましたね。
カメラの電源を落とす暇もありませんでした。

たづさん
はじめまして
2008年時点で現存した国内の一貫製鉄所はすべて見学していますが、
君津の連結器高さは1,200mmです。堺に高炉があった頃、溶銑輸送は軌間1,435mm・連結器高さ1,000mmでしたので、
堺高炉廃止後、堺からの転属車は連結器に改造跡があります。
同じ標準軌でも、名古屋や広畑、鹿島は880mmですし、
加古川は1,000mmですから(たしか)、
製鉄所毎に考え方が異なりますね。

鉄道車両の連結器はご存知の通り台枠に付いていますが、トピードカーの場合、大物車と同じで台車についています。ですので、台車の高さを高くするメリットは何なのか、ということになるのでしょうか。

溶銑の荷重を増やす場合、カーブを曲がる都合上、車体長を長くするには限界がありますので、
高さと幅を大きくするしかありません。
この結果重心が高くなりますので、
車体断面のほぼ中心の高さに位置する
荷下ろしのための回転軸(台車の上にあって溶銑入り容器の全重量を支える)の高さも
高くする必要があります。

溶銑輸送中に、車体が枕木方向に左右に揺れる場合を想定すると、
回転軸が力点で作用点は車輪、連結器が支点になると思いますが、
支点の位置が作用点側に近いとより脱線し易いと言えるのではないでしょうか。
このため連結器は高い方が、安定すると思います。
私は大学時代に物理や化学の専攻でしたが、
機械設計の専門家の視点では、また違う表現の仕方ができると思います。
私には無理ですが💦
2019-08-21 水 21:21:11 | URL | 社長 [編集]
連結器高さ問題
軽便鉄道模型祭販売本の校正作業追い込み中で返信が遅くなってしまい申し訳ありません~。

●たづさん
海外の鉄道の場合は大出力の機関を搭載し高速運転を実現するため軌間、車輪径が大きくなり、必然的に台枠の高さも上がるためですね。
しかし低速運転で在来線の長い貨物列車とあまり変わらない製鉄所の構内鉄道の場合は何故かと言うと「何も国鉄・JRの規格に合わせる必要がないから」くらいしか思いつきませんでした。(^ ^;)
ここは社長さんの助け舟の書き込みに乗っかっちゃいます(爆)。

●社長さん
当日はまるでサービスしてくれているかのように機関車が動いたり並んだりでしたね。
詳細で分かり易いご説明ありがとうございます。(_ _)
同じ社内でもこんなに結構違うのですね。
広畑は飾磨港(播但)線とつながる1067mm線があったので1435mm線も在来線規格の連結器高さに合わせていたのでしょうか。

この辺はNゲージなど模型でやって見ると実感的かも知れませんね。
重心が高い車は連結器を振り切って横倒しになってしまいますが連結器位置を上げると倒れにくくなるので。
2019-08-21 水 22:06:29 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する