FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ひめしゃがの湯 保存車両整備作業(2019年7月)
小坂森林鉄道研究会の活動でNo.118のエンジン稼動と運材貨車修繕を行いました。
P1090069.jpg
動かなくなっている運材貨車の軸箱を開けて中身の構造やグリスの状態を確認したりと実際の作業と言うよりは勉強会に近いかも?

P1090019.jpg
今回見たのは4月23日に野辺山SLランドより入線した岩崎レール工業製の製造年、製番不明の方。

P1090018.jpg
モノコック運材貨車の特長の一つであるボールベアリングの軸箱の蓋には岩崎レール工業の菱枠中央にレールをあしらった社紋の陽刻が入っています。

P1090063.jpg
軸蓋を開けて見るとグリスが固まっていたり少なくなっていたり。
砲金自体は綺麗なのでグリスを取り換えてその他摺動部に油を差して行けば動くかな?
ベアリングのボールが収まったケースにはNACHIの刻印。
富山の不二越製です。富山地鉄デキ12021の台車にもNACHIの刻印が入っていましたね。

P1090061.jpg
こちらの軸箱も同じような状態。
この写真は歴代の車体塗膜片がくっきり。
濃緑色、黄色、薄緑の3色が見えます。濃緑色、黄色は木曽森林末期のカラー写真にも見られますが薄緑色は見たことがありませんね。
動態復活の折にはいずれかの色にしたいですね。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

小坂森林鉄道保存活動情報 | 23:33:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する