FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅の側線群~その2~
中々更新できていませんが西枇杷島2回目~。

P1080814.jpg
西枇杷島駅岐阜方より。
2000(平成12)年の東海豪雨で水没した時の空撮映像では水上にホームがポツンと浮かんで普段よりホームのエッジがよりシャープに見えたのを覚えています。

P1080815.jpg
狭いホームの先端には車両限界をクリアするために削られたのか頬がこけてげっそりとした本線下り出発信号機(^ ^;)
すぐに東海道本線、東海道新幹線をくぐります。
ホーム延伸ができない要因はホームの前後を東海道線と愛知県道190号名古屋一宮線(旧・国道22号線)に挟まれているためでしょうか。

P1080812.jpg
踏切を渡って反対側から。
待避線は赤錆びてますが左端の犬山線への短絡線へ続く線路は輝いているのでこちらは今後も残る模様。
待避線撤去の折には短絡線も撤去されるのか?と戦々恐々としてたので今回一番ほっとしたところ~(爆)

P1080824.jpg
西枇杷島駅を短絡線方から見た様子。一番手前が短絡線です。
県道190号名古屋一宮線は元国道だけあってバイパスの新国道ができた今も渋滞する道。
道路の本線はかなり早い内に立体交差化されているのですが歩道は立体化されず、地元の方の出入りのため側道となって踏切が残り鉄道側から見るとあまりメリットの無い立体交差になっています。
車でこの陸橋を走っても道幅が相当に狭く対向で大型トラックでも来ようものならなかなか怖いところです。

P1080810.jpg
西枇杷島駅を跨ぐ県道陸橋。
なかなか渋くて味のある陸橋ですが相当ガタが来てる感は否めません。
因みに竣工は1934(昭和9)年とのこと・・・味があるわけですね。

P1080823.jpg
振り返るとファンにはよく知られた枇杷島デルタ線地帯。
右が名古屋本線で左は留置線を兼ねた短絡線。

P1080869.jpg
名古屋本線側から見た短絡線ヤード。少なくなったものの木製架線柱も残り名古屋本線や犬山線から見ると異界の線路のよう。
単線の短絡線があっただけだったのが戦時中に線路が増設され最盛期には左の建物の部分にも犬山線側から入って行き止まり式の貨物側線、貨物ホームがありました。
名鉄OBの方から伺ったお話では貨物の乗務区が置かれ名鉄西部線の貨物の中枢だったとのこと。
昭和20~30年代には貨車がひしめいていましたが1966(昭和41)年2月に貨物取扱いが廃止されています。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

現役側線・専用線 | 22:40:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する