FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
艶金興業奥町工場専用線(?)(名古屋鉄道尾西線奥町駅)~その3~
尾西線奥町駅の専用線跡3回目~
P1080628_201905152353015cd.jpg
奥町駅のホーム名鉄一宮方から玉ノ井方面を見た様子。
かつてはホームの右に副本線、その右に貨物側線、貨物ホームがあったようですが
名鉄協商の駐車場や駐輪場に利用されて跡形もなし。

P1080627_20190515235300ec8.jpg
名鉄一宮方。
敷地の窄まり方からかつての構内の線形が思い起こされます。
玉ノ井線は起点の名鉄一宮以外一切分岐がない路線ですが何故か分岐器のクロッシングが置かれていますね。

P1080635.jpg
貨物側線や副本線が合流して本線と専用線に集約されて奥町駅を出る辺り。
未舗装道として続いてますが左に赤い頭を見せる用地境界標からこの道の部分もかつて線路用地だったことが偲ばれます。

P1080639.jpg
未舗装道は奥町駅から名鉄一宮方最初の踏切で終り。
奥町駅方向を振り返った様子。

P1080644.jpg
ここから名鉄一宮方は専用線が撤去された路盤が残っています。
6800系名鉄一宮行の電車左に路盤が続いてますが知らなきゃ気付きませんね。
私も野府川橋梁架け替え時の仮線路盤跡か何かだろうくらいにしか思ってませんでした。

P1080645.jpg
専用線が尾西線本線からカーブして工場内へと分かれていた辺り。
左の住宅が並んでいる辺りが線路跡と思われます。

●艶金興業奥町工場専用線についての考察
この専用線による輸送品ですがよくわかっていません。
染色する織物は地元の織物工場から集荷して染色整理後はまた元の織物工場へ配送するのが主でトラックで事足りたはず。
私の学生時代の同級生でも親御さんが織物工場~染色工場のトラック集配の仕事をしており地元の小工場をトラックで周っていました。
これだけでは専用線まで敷く理由は薄そうです。
染色原料となる染料や硫安(硫酸アンモニウム)、燃料の石炭などの搬入に使用していたのでしょうか。

1935(昭和10)年という工場開設時期を考えると同年4月29日に名鉄名岐線(現・名古屋本線)新一宮~新笠松が開業し名古屋~岐阜が電車路線で繋がりました。
これと同時にそれまでの柳橋(名古屋)~新一宮~木曽川橋-(バス連絡)-笠松~新岐阜の電車、バス乗り継ぎルートが解消し奥町を経由する現在の玉ノ井線に当たる新一宮~奥町~木曽川橋は幹線から一支線へ転落。
柳橋~木曽川橋で運転されていた急行電車も名岐線経由で岐阜に直通するようになりました。
名岐線全通後の新一宮~奥町~木曽川橋の輸送量落ち込み対策として貨物需要の喚起のため名鉄が奥町に専用線を敷くことを勧めたとも考えられそう・・・。

●奥町駅の貨物扱い
その後の奥町駅の貨物取扱いですが愛知県統計年鑑(愛知県)によると昭和30年前後の輸送量は以下の通り。
okucho.png
地元の主産業が繊維業のためか出荷量は少なく到着量が多いです。
原料の羊毛は名古屋港や四日市港で陸揚げされたものが貨車積され大口輸送となるため鉄道輸送に適しますが製品は小口で取引先へ発送となるためトラック輸送の方が適していました。
とは言え短い支線区の駅で輸送量も知れているため取扱い駅の集約やトラック輸送へ移行が進んだのでしょう。
奥町駅の貨物取扱いは1962(昭和37)年度に廃止されました。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:10:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ