FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
艶金興業奥町工場専用線(?)(名古屋鉄道尾西線奥町駅)~その2~
尾西線奥町駅の専用線跡2回目~

okucho-map.png
名古屋鉄道車両史上巻(清水 武、田中 義人/著 アルファベータブックス/刊)の1943(昭和18)年4月1日時点の構内配線図と現地で調査を元に作成した昭和10年代の奥町駅配線推測図。

P1080648.jpg
2019(令和元)年5月現在の奥町駅・・・名鉄標準の簡易駅舎になっています。

IMG_6929.jpg
取り壊し前の先代奥町駅舎。
奥町駅は尾西鉄道が1914(大正3)年8月4日に新一宮~木曽川橋を開業した時に開設。
この駅舎もその当時からのものと思われますが正確なことは不明。
2007(平成19)年3月2日撮影

IMG_6914.jpg
装飾付きの車寄せに丸ポストが立ってなかなか良い雰囲気でした。
因みに一宮市の旧・尾西市、木曽川町域は以前より減ったものの郵便ポストの丸ポスト率が高いです。
2007(平成19)年3月2日撮影

IMG_7256.jpg
因みに上の写真撮影より12日後には取り壊されてこのようなお姿に・・・(- -)
なお駅舎前に立っていた丸ポストは生き延びて駅舎向かいの名鉄協商パーキング駐輪場詰所脇に移設されました。
googleストリートビューでは写っているのを確認しましたが今回取材時には撮影を忘れました(^ ^;)
2007(平成19)年3月14日撮影

P1080649.jpg
玉ノ井方より見た構内。
現在は棒線一本の最も単純な配線。
左の駅舎部分にもかつては線路があり島式ホームになっていたそうですが昭和40年代以前に撤去された様子。
1943(昭和18)年の配線図には無いもののホームと反対側にも側線跡のような敷地があります。

IMG_6937.jpg
旧駅舎時代にほぼ同位置から見た様子。
ホーム上の上屋のつくりから反対側にも線路があったことが窺われます。
その左の駐輪場の屋根が見える辺りに貨物側線、貨物ホームがあったようです。
2007(平成19)年3月2日撮影

IMG_6919.jpg
有人駅時代の奥町駅改札。
スロープと改札の間に構内踏切があったことを窺わせるスペースがありました。
ホームに6800系玉ノ井行が到着すると駅員さんが改札前に立ち降車客を迎えていました。
今は自動改札機があるだけの無機質な空間になっています。なおかつての線路上に建てられたトイレは現在も変わっていません。
2007(平成19)年3月2日撮影
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:34:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ