FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋鉄道瀬戸線小幡駅の貨物側線~その1~
名鉄瀬戸線は名古屋と瀬戸市をつなぐ路線ですが元は瀬戸電気鉄道で現在も他の名鉄線と接続が無いため独特の雰囲気があり近隣の人には今も「せとでん」の愛称で親しまれています。
磁器が瀬戸物と言われるだけあって焼き物の産地瀬戸市から瀬戸電による陶磁器輸送が盛んでしたが途中駅からも貨物輸送が行われていました。

P1070792.jpg
小幡駅はかつて近くの竜泉寺をイメージしたという味のある丸い駅舎が名物でしたが今は典型的な大都市近郊駅。
現在は名古屋市守山区で名古屋市バスも発着しますが貨物輸送が行われていた頃は守山市という別個の市でした。

obata.png
国土地理院の1948(昭和23)年米軍撮影空中写真より小幡駅付近を見た様子。
駅の南にかつては山田タイル(現・KYタイル)守山工場が存在し原材料の搬入や製品の搬出に使われていたとのこと。
貨物側線の入換機として電動貨車や電車改造電機も配置されていました。

obata-map.png
1943(昭和18)年当時の小幡駅配線図。
名古屋鉄道車両史 上巻(清水 武、田中 義人/著 アルファベータブックス/刊)掲載の名鉄線配線図を元に作成。
昭和30年代の写真を見ても駅東側の配線は変わっていなかった様子。
戦前の瀬戸電は軌道線で電車も大型ステップ付きの路面電車タイプで、電車は単行かサや貨車を1両を牽く程度のため旅客ホームも短いものでした。

P1070774.jpg
現在の小幡駅。今では乗降客も増え全列車が4両編成。
準急尾張瀬戸行4000系が止まっている辺りかその若干手前がかつての下り(尾張瀬戸方面)旅客ホーム末端と思われます。
留置線はその手前側(尾張瀬戸側)にありました。

P1070778.jpg
橋上駅舎上から尾張瀬戸方面を見た様子。
小幡~大森金城学院前は交通量の多い瀬戸街道(愛知県道15号名古屋多治見線)や国道302号線と交差するため高架化工事が進められていますが踏切の奥に留置線が分岐していた線形が残っています。
手前の自転車置き場辺りに1960(昭和35)年まではデキ31が留置されていたのでしょう。

P1070781.jpg
留置線分岐部。
貨物側線(引上線)は踏切を挟んで向かいの線路沿いに細長く続く駐車場(跡?)になっています。

P1070780.jpg
留置線跡を尾張瀬戸寄りから見た様子。
跡地はホームの延伸スペースや駐輪場に利用されています。

mei-deki31-1.gif  mei-deki31-2.gif
かつての小幡駅のヌシだったデキ30形31。
元は名古屋電気鉄道の1912(大正元)年名古屋電車製作所製168号型193号。
番号は以下のように変遷しています。
193→526→デシ526→デワ52(?)→デキ52→デキ31 1960(昭和35)年8月廃車
竹鼻線西笠松駅の側線入換に使われたデキ32とは同形式ですがパンタが中央に設けられていたり前照灯の位置が違ったりと微妙に形態に違いが出ていました。
本線系から瀬戸線に移ってきたのは戦後だったようです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:33:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する