FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
菊井町交差点の架線柱標識
名古屋駅から徒歩15分程の菊井町交差点。
駅前の高層ビル街を抜けたところにある何の変哲もない交差点ですが・・・。

DSC_0907.jpg
中央にドカンとそびえるビルは名古屋プライムセントラルタワー。
このビルの場所は元々名古屋市電・・・というより名古屋の電車発祥の地と言える那古野町車庫跡です。
名古屋電車製作所というメーカーもここにありましたね。
そのすぐ北にあるのがこの菊井町交差点。

DSC_0903_20121221204802.jpg
その西北角にある信号機の柱・・・新しく塗装されてはいますが、先端の装飾など最近のデザインではありません。
これはもしや・・・。

DSC_0904.jpg
上の方を見ると古ぼけた札が付いてます。
というわけで拡大~♪

DSC_0904-1.jpg
名古屋市交通局のマークに「押切線」の文字。
この信号柱がかつて名古屋市電押切線の架線柱だった名残です。
押切線は柳橋~押切町(時代により途中区間で路線変更が行われてますが)を結んでいた路線です。
菊井町交差点の区間は1901(明治34)年2月19日開業~1972(昭和47)年3月1日廃止。

押切線には初代名古屋鉄道が一宮・津島・犬山線を敷いた頃から鉄道線用の大型車両も乗り入れてました。
市内線の市営化後も名鉄の押切線乗入れは1941(昭和16)年の新名古屋地下駅開業まで続きます。
揖斐・谷汲線で慣れ親しんだモ700・750も市電車両に混じってこの交差点を曲がって走っていたわけですね。

場所はここです↓

大きな地図で見る

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名古屋市交 | 20:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する