FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
未成線?服部商店古知野工場専用線?(名古屋鉄道犬山線古知野駅(現・江南駅))~その1~
国土地理院の航空写真で名鉄犬山線沿いを見ていくと江南駅(当時は古知野駅)から東の工場へ専用線のようなものが分岐しているのが見えます。
kochino-map.jpg
よく見ると実際に線路が敷設されている様子はなく路盤だけがあるようにも見えます。
専用線一覧で古知野駅は一度も登場しませんし名鉄ファンの間でも布袋駅の貨物が盛んだったのは聞いても古知野駅の名前が挙がったことはありません。

現在の地図に落としてみるとこんな感じ。

江南駅犬山方で東へ分岐して中央公園、江南高校に突っ込んでいくような路線配置です。

中央公園、江南高校の位置には1977(昭和52)年まで興和紡績古知野工場が存在しました。
この工場の歴史は古く服部商店(興服産業(興和冷蔵)専用線(名鉄名古屋本線堀田駅)でも出てきました)が1918(大正7)年5月に織布工場を設置、1937(昭和12)年には綿紡績兼営工場となっています。
戦時中には社名が興亜紡績となっていましたが中島飛行機傘下に組み入れられ同系列の三鷹航空工業へ工場が貸与されました。古知野工場は戦災に遭うことなく1946(昭和21)年2月に興亜紡績から名前を変えた興和紡績へ返還され元の綿紡績織布工場へ復元されました。
専用線が敷設された、または敷設しようとしたという記述は名鉄、興和紡績側双方の記録を当ってみたものの見付けられていませんが輸出用の綿糸、綿織物製品が多かったようなので原料の原綿や工場動力の石炭搬入、製品の綿糸。綿織物搬出用に計画、建設が進められたものと思われます。
初代名古屋鉄道線内の貨物が増え1924(大正13)年にはデキ100を製造していますが専用線敷設、中止時期はそれ以降大正末から昭和初期くらいと思われます。
未成に終わったのは急激に工場の業績が悪化したか電鉄側との交渉が不調に終わったかと思いますがその頃の日本経済は確かに何度も恐慌に襲われています。

P1070865.jpg
古知野駅改め江南駅。
愛知県江南市の代表駅で普通から空港特急ミュースカイまで全旅客列車が停車します。
江南市は1954(昭和29)年6月1日に古知野町、布袋町、宮田町、草井村が合併して発足していますが古知野駅が江南駅になったのは27年も後の1981(昭和56)年11月10日。
現在は改札口が地下道内で地上は島式ホーム1面2線の素っ気ないもの。

P1070868.jpg
江南駅名古屋方。
犬山線の前後が急カーブして見通しの悪い駅です。

P1070870.jpg
ホーム名古屋寄りから新鵜沼方を見た様子。
今は渡り線もなく折り返しも出来ない配線ですがかつては相対式ホームで上り方向は待避線、下り方向には貨物側線、貨物ホームもある大きな駅だった様子。

P1070869.jpg
現在のホームから下り線を挟んでかつて相対式だった頃の下りホーム、貨物ホームの残骸が残っています。

P1070866.jpg
江南駅新鵜沼方。
5000系準急新可児行が発車。
紡績工場専用線らしきものはこの先で右へ分岐していました。

参考文献:
名古屋鉄道百年史(名古屋鉄道)
興和百年社史(興和紡績)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:42:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ