FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
長良川鉄道母野駅の貨物側線(越美南線美濃洲原駅→木尾駅→長良川鉄道母野駅)~その2~
長良川鉄道母野駅の貨物側線2回目。
なお実際に貨物営業が廃止されたのは1959(昭和34)年木尾(こんの)駅を名乗っていた時代です。

P1070884.jpg
駅舎から貨物側線の方へ~。
後方に見える高架は東海北陸自動車道です。

P1070895.jpg
左に貨物ホーム右に旅客ホームがあります。
スペースの広さからすると側線を2線敷くことができそうな感じもします。

P1070887.jpg
旅客ホーム上から見た貨物ホーム。
裏側を通る国道156号線にホームが削られたのかホーム上のスペースは非常に狭くなっています。

P1070889.jpg
驚いたことに貨物ホーム横の側線は敷設されたまま朽ちかけています。
貨物側線と言うより保線車の留置側線として使っていたのが荒れ果てただけかもしれませんがなかなかの雰囲気。

hanno.png
越美南線木尾駅末期の貨物取扱量。
非常に少なく貨物ホームまで用意する必要があったのか疑問になるほど。
駅の立地条件からしても旅客貨物とも多くなさそうと思いましたが本当に少なかった(^ ^;)
何故こんなところに駅がつくられたのか・・・
住宅が多いのは前後の美濃市須原と美並村(現・郡上市)木尾、現在はどちらにも新たに駅が置かれています。
個人的な推測ですが両地区とも駅を誘致したものの置ける駅は1つだけ・・・恐らく公平を期すため両地区中間の人家疎らな場所に駅を置いたのではないかと思います。

参考文献:
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 22:10:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する