FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
京都スイッチャー蒸機めぐり~加悦鉄道C-160
京都市北区の大宮交通公園に保存されている貴重な1942(昭和17)年6月本江機械製作所製の自重15.5tのCタンク機。
戦前から終戦直後の一時期に産業用蒸気機関車を大量に製造していた富山のメーカーで戦時中に立山重工業に改名しています。
大江山ニッケル鉱山から岩滝の精錬所まで加悦鉄道、日本冶金専用線を直通して運転されたそうですが重い鉱石列車に空制、貫通制動無しのスイッチャー同然の機関車を使うのはかなり恐ろしい気がします・・・(・◇・)
戦後は一時旅客列車にも使用されたものの1957(昭和32)年までは小浜線若狭和田分岐の若狭鉱山専用線に貸し出されていた時期が長かったようです。
加悦に戻った後は丹後山田(現・与謝)~岩滝工場で原料のニッケル鉱石搬入、半製品のニッケルルッペ搬出に使用され1966(昭和41)年3月に廃車。
暫らく加悦で保管された後1969(昭和44)年3月に京都市へ譲渡されたとのことなのでこの記事を書いている頃に京都市譲渡50周年を迎えたことになります。

P1070143.jpg
ヨ6720を従えた状態で保存されています。

P1070139.jpg
15t標準型らしく名鉄最後の蒸機(三興製紙私有機)C351も同タイプの機関車でした。
横には京都市電のN電がいますがベスチビュールが付いた末期の姿なのに無理矢理茶色塗装にしてます。
グリーンとクリームの昭和30年代塗装なら食指が動きますが後で見直したら碌に撮ってなかった(^ ^;)
以前は京都市電1860号もいましたがこちらは平安神宮の方に移ったそうな。

P1070136.jpg
空制非装備なのでエアホースなどは一切なしのスッキリした端梁。

P1070137.jpg
末期は専ら岩滝専用線内での使用でしたが朝夕は加悦の機関庫に入出庫するため丹後山田~加悦の加悦鉄本線上を旅客列車に続行して走行。
動輪3軸はかなり中央に寄ってオーバーハングが大きいので走行時の乗り心地どころか安定性がかなり悪そう。
実際ピッチングが激しかったと聞いています。

P1070140.jpg
サイドタンク容量確保のためか腰高な印象で窓も小さく鈍重なイメージ。

P1070135.jpg
中央に集まった小径動輪・・・何だか丸瀬布の21号を思わせますがこちらは第二動輪もフランジレスではありません。

P1070133.jpg
形式はC15なんですね。メーカー形式なのか加悦鉄の型式なのかいまいちよく分かりません。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 23:11:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する