FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
昭和工業・旭化成工業穂積工場専用線(東海道本線穂積駅)~その1~
昭和工業・旭化成工業専用線と関係する穂積駅構内の側線。

昭和工業は長良川、糸貫川合流点で線路用バラストや滑り止めを生産、国鉄に納入していました。
滑り止めの砂は地元の名鉄局だけでなく静鉄局にも納入されており東海道本線を行く機関車にとって無くてはならない良質な砂が取れたとのことです。
専用線の歴史も長く専用線一覧表の1930(昭和5)年版から1983(昭和58)年版まで載っています。
旭化成工業(現在は分社化して旭化成建材)穂積工場は1969(昭和44)年に完成、コンクリートパイルを製造しています。
工場は駅から1.5kmほど離れており製品をトラックで砂利線まで輸送して貨車積みしていたものと思われます。

作業方法:国鉄機
作業キロ:0.3km
総延長キロ:0.6km

hodumi-map.png
貨物現役時の穂積駅構内配線図。
基本的に現在と変わりませんが砂利線は貨物扱い廃止後保線車用側線となり短縮、一部配線変更されています。

P1070011.jpg
大垣方。
手前より上り本線、上り1番線、上り2番線が並ぶ。
上り2番線の接続はレール交換のため切られています。

P1070014.jpg
穂積駅ホーム中ほどに上り2番線と上り1番線をつなぐ渡り線がありましたがこちらも切断済み。
上り2番線15年前時点でもは架線が撤去されており使われていた形跡は有りませんでした。
それでも転轍標識はちゃんと点灯していたのを見ています。

P1070038.jpg
上り2番線は後付けでつくられたようで築堤をくぐるトンネル(マンポと言った方が良いか)の外側にガーダーを架けています。
砂利線の取扱量増加に対応したのでしょうか。

P1070034.jpg
橋梁銘板などからすると上り2番線が追加されたのは1955(昭和30)年のようです。
因みにこのガーダーの銘板は改造銘板で元のメーカーの銘板は見えません。
スティフナーが外向きに曲がっている構造などから古い時代のイギリス製だと思いますが。

P1060634.jpg
因みにこのガーダーからマンポの中に入ると中ほどにこのような横穴を埋めた跡があります。
2代前の穂積駅入口の跡で、1929(昭和4)年に先代駅舎ができるまではここからホームに上がっていました。
改札口や駅務室はホーム上という現在の東海道本線弁天島駅のような構造だったようです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:59:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する