FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道笠原線滝呂駅の貨物側線
笠原から笠原川の小渓谷区間を抜けて滝呂の盆地に入ると滝呂駅の跡。
P1060516.jpg
笠原方から滝呂駅構内を見た様子。
ここは長めの貨物側線が右斜め方向へ分岐してワムやワキが留置されている写真を見ましたが駅、側線を含め公園になっています。

P1060518.jpg
駅舎があった辺り。

P1060519.jpg
1972(昭和47)年度には発着ともゼロになっており短距離なことから列車交換の必要性も薄く末期は駅としての存在意義を喪失していたようです。

P1060521.jpg
新多治見方から滝呂駅構内を見た様子。
島式ホームがあって遊歩道側が本線左が副本線(?)だったようですが現役時と変わり過ぎて正確な位置は良く分かりません。

P1060522.jpg
滝呂駅を出ると下滝呂まで滝呂の町を築堤で横切ります。
1928(昭和3)年7月開業時より連続立体交差が実現していた区間。

takiro.png
滝呂駅貨物取扱量。
笠原駅と同じく到着量が多く発送量が少ないパターン。
1955(昭和30)年度時点の到着量は笠原駅と似たようなレベルですが笠原駅が昭和30年代の高度成長期に伸びてから昭和40年代に落ち込んだのに対し滝呂駅は最初から下落傾向です。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 22:50:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する