FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
高山本線坂祝駅側線
坂祝駅の貨物側線。
駅裏の砂利、セメント扱いのヤード跡が目立ってこちらはあまり出て来ませんが駅前側にも貨物側線が残っています。
こちらは現在も保線用に時折使っているようです。
坂祝駅では専用線貨物意外に来栖鉱山のマンガン鉱石出荷などがありました。

P1060249.jpg
坂祝駅の木造駅舎。
貨物廃止まで貨物扱いのため係の方が詰めていましたが旅客扱いは行っていませんでした。
旅客窓口は最初に行った頃(2003年頃)は営業しており自動券売機もないため窓口で駅員さんから切符を買いました。
パジェロ製造の工場があるためか利用者は多いですが券売機は有りません。
但しTOICAを始めとしたIC乗車券は利用可能。

P1060235.jpg
駅舎の岐阜方には現在も2本の貨物側線が存在。

P1060248.jpg
ダンプトロへの砂利積込みやマルタイが留置されてるのを見掛けます。

P1060247.jpg
駅舎横の車止め付近は埋もれています。

P1060250.jpg
木曽川を隔てた愛知県犬山市の山々が切り立って見えますがその辺りにかつて来栖鉱山がありました。
1938(昭和13)年に採掘開始して1945(昭和20)年に敗戦と共に一時閉山、採掘権が他の人に移り1948(昭和23)年に採掘再開、1965(昭和40)年3月の閉山まで鉄鋼原料として使用するマンガン鉱を採掘していました。
坑道から地上まではインクラインを0.5t鉱車で引上げて選鉱、索道で木曽川を越えた取組貯鉱所へ渡し坂祝駅から貨車積みしていたそうです。1955(昭和30)年現在で従業員15名、月産60tという小さな鉱山でした。

なお専用線一覧表1964(昭和39)年版、1967(昭和42)年版には日通石油ガス→日通商事の専用線もあったのですが1970(昭和45)年版では使用休止となっています。
作業方法:日通機
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.2km
太平洋セメント(旧小野田セメント側)のSS裏手に日通商事の岐阜LPガス販売所がありますが名古屋港か四日市辺りからプロパンガスを輸送していたのでしょうか?
専用線は恐らく日本セメント専用線→太平洋セメント専用線に転用されたものと見られます。

最後に坂祝駅の貨物取扱量の推移。
sakahogi1.png
発送量が大きく、到着量は少なかったのですがセメント扱い開始と共に一気に到着量が延びています。

sakahogi2.png
坂祝貨物の最終便は2006(平成18)年度中の2007(平成19)年3月16日が最後(↓)だったはずですが2007年度に発送貨物768tがあるのが謎(・ ・;)
IMG_7268.jpg
SSのセメント量調整のため他へ融通する分を発送したのかも知れませんがトラック輸送した分も計上したのでしょうか?
実は知られざる本当の最終列車が運転されていた・・・とかなら興味深いところです。

参考文献:
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)
坂祝町史 通史編(坂祝町教育委員会町史編纂事務局/編)
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 00:31:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する