FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
太平洋セメント美濃サービスステーション専用線(高山本線坂祝駅)
高山本線坂祝の専用線3本目~
現役末期に通った専用線なので個人的には専用線「跡」巡りと言うには違和感があるところです。
とは言えもう間もなく廃止から12年を迎えます。
坂祝のセメントサービスステーション(以前は「包装所」と呼称、以下SSと表記)は小野田セメント美濃SSが1971(昭和46)年、日本セメント坂祝SSが1972(昭和47)年に開設されており専用線も同時に運行開始したものと見られます。
入換は日本セメント専用線も小野田セメント機が担当しており、1998(平成10)年に日本セメントと小野田セメントの後身である秩父小野田が合併し太平洋セメントとなって以降と変わらなかったようです。
坂祝駅裏手には現在も日本セメント、小野田セメント時代のサイロがそれぞれ存在しますが太平洋セメントのサービスステーション一覧を見ると坂祝SSだけになってるので統合されたようですね。
坂祝の専用線では最後の2007(平成19)年3月16日まで運行していました。

なお機関車についての説明は後日現役時の様子紹介時とします。

●小野田セメント美濃SS専用線
作業方法:私有機
作業キロ:0.2km
総延長キロ:0.4km

●日本セメント坂祝SS専用線
作業方法:小野田セメント機
作業キロ:0.1km
総延長キロ:0.2km

IMG_7121.jpg
最終便運転3日前のDD51 896転線作業。
2007(平成19)年3月13日

P1060243.jpg
太平洋セメントのサービスステーションは現在も盛業中ですが側線は雑草、灌木に覆われてしまいレールが撤去されているのかいないのか判別できません。
右端に見えるのが旧日本セメントのサイロで奥が旧小野田セメントのサイロです。
上の画像でDD51 896前方に見える2番線との間の渡り線は撤去済み。

IMG_0517_201901141855437e1.jpg
協三工業製10t半キャブD804が入っていた車庫。
旧日本セメントのサイロの積み降ろし設備でもあったようですがこちらを使っていたのを見たことはありません。
関西本線八田駅の秩父セメント専用線にいた機関車ですが坂祝で動いているところは一度も見たことがありません。
一応使ったことはあるらしいのですが。
廃止後も長いこと置かれたままでしたが現在は那珂川清流鉄道で動態保存中。
以前出掛けた時は見かけませんでしたがバックヤードにいたのかな?
2003(平成)年8月15日

P1060227.jpg
D804の車庫や線路はほぼそのまま。
踏切部分だけレールが撤去されています。

P1060230.jpg
保線トロなどを置いておくためと見られる横向きの短い線路もそのまま。

IMG_0516_20190114185541f83.jpg
丁度この横にはアントが置いてありました。
D804が来る前は車庫にこのアントが入っていたようです。
2003(平成15)年8月15日

IMG_0519.jpg
踏切を挟んで岐阜側の旧小野田セメント側。
左は廃止まで使われていた日立25t機OD25まだ塗装が黄色い頃。
右は先代の東洋電機20t機DB02。
DB02は今でも三岐セメント貨物が終点としている四日市港の四日市SSが開設されたときに使われていたものが転属して来たものですが美濃SS開設時に転入していたのかは不明。
2003(平成15)年8月15日

P1060228.jpg
機関車がいなくなり踏切寄りのレールが断ち切られた以外はあまり変わっていません。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:18:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する