FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道駄知線山神駅貨物側線
東濃鉄道駄知線山神駅の貨物側線跡。
駄知線の駅で唯一周囲が市街地になっていない駅。
下石駅から駄知へ向けて盆地境を隔てる山越え区間にポツンと存在していました。
土岐盆地と下石盆地の間は妻木川でつながっていますが駄知盆地との間は峠越えが必要でこの先には駄知線唯一のトンネルである日帰トンネルが控えています。
隣に1つ工場があるだけで他は住宅がまばらにある程度の場所で貨物取扱量は他の駅と比べ物にならないほど少量でした。

P1060385.jpg
下石から土岐市総合運動公園の周囲を半周して来たところで土岐川橋梁跡からずっと続いてきた線路跡の遊歩道が尽き路盤そのままの浅い切通しに入ります。
廃線跡の切通しから土岐市方を見た様子。

P1060383.jpg
そのまま切通しで山神駅へ進入。

P1060377.jpg
現在も唯一旅客ホームが残る山神駅。

P1060375.jpg
旅客ホームの駄知側末端。

010905-yama-1.jpg
以前はホームに上がる階段がもう少し分かり易かったのですが埋もれてしまった様子。
2001(平成13)年9月5日撮影

010905-yama-2.jpg
貨物側線の車止めが残っていましたが工場が別の会社に変わって建て替えられたときに埋められたのか消滅。
右が東駄知方なので側線は東駄知方から分岐する行き止まり式の短いものだったようです。
側線のあった場所は工場敷地内ですが専用線ではなく東濃鉄道の駅構内側線だった様子。
2001(平成13)年9月5日撮影

P1060373.jpg
かつて車止めがあった場所は左向かい側の柵の下と見られます。奥が東駄知方面。
側線があった頃あった工場は陶磁器関係と見られますが現在この地にあるのは青木転写というデカールのメーカーさん。
模型やプラモが趣味の方はお世話になっているかもですね。
なお美濃焼が盛んな土地柄のためか主力は陶磁器に使うデカールのようですね。

P1060374.jpg
駅から東駄知方を見た様子。この辺で左に側線が分岐していたのでしょうか。

yamagami.png
山神駅の貨物取扱量の変遷。
発送はほとんど無く、到着量も1,000t以下。
駄知線内で逸早く1964(昭和39)年度を最後に貨物取扱いが無くなっています。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:46:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する