FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東濃鉄道駄知線神明口駅貨物側線・貨物ホーム跡
あけましておめでとうございます。
今年もまた変わらずアヤシゲな林鉄や側線跡を中心にお送りしま~す♪

東濃鉄道駄知線で土岐市から土岐川を渡り1つ目の神明口駅。
交換設備はありませんが貨物扱い量が多い貨主客従の駅だったようです。
貨物発送量は主要駅の駄知駅を凌ぎ最盛期の1960(昭和35)年度の発送量は19,839t、1日当たり54.3t・・・ワム車で4車相当です。

P1060140.jpg
神明口駅構内を土岐市側から見たところ。
自転車・歩行者専用道部分が駄知線本線跡と思ったのですが現役時代の航空写真で見るとこちらが貨物側線のようで貨車が止められているのが見えます。
右のトラックが止まっているところが貨物ホームの跡で旅客列車は左に分岐して柵の向こうの駐車場になっているところにあった旅客ホームに止まっていたものと思われます。

P1060141.jpg
切り石積みの貨物ホームはトラックの足元に現存。

P1060142.jpg
右にあったと見られる旅客ホーム跡は痕跡がありません。
道路に面しない不自然な位置に線路に沿って長方形の駐車場があるので旅客ホーム線と旅客ホーム跡ではないかと想像させるくらい。

P1060143.jpg
旅客ホーム跡の駐車場から道路に出る道。かつての神明口駅前通りだったのでしょうかね。

P1060145.jpg
貨物ホーム上は駄知線廃止後名鉄急配の敷地となっており貨物ホームと高さを合わせて土地を盛ったためかコンクリート製のプラットホーム状擁壁が続いています。この辺では既に貨物側線と旅客ホーム線が合流していたものと思われます。
右に見える枯草が絡まったコンテナは国鉄C10形コンテナでした。

P1060147.jpg
神明口駅より東駄知側で交通量の多い岐阜県道421号を渡ります。
貨車の入換を行うと踏切で長時間塞いで渋滞になりそうですね。
なお駄知線の代替バスはこの道を通っていますが神明口というバス停は存在せず最寄は津路町バス停になります。
名鉄急配の営業所は県道を挟んで駅と反対側。

shinmeiguchi.png
岐阜県統計書を元に作成した神明口駅の貨物取扱量の推移。
1972(昭和47)年度分は駅別の統計がないので不明。
最後の時期に急に到着量が伸びた以外は全般に発送量が多く窯業メーカーの焼き物製品や陶土などの発送が多かったものと思われます。

参考文献:
RM LIBRARY72 東濃鉄道(清水 武/著 ネコ・パブリッシング/刊)
岐阜県統計書(岐阜県総務部統計課)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 17:26:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する