FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
丸瀬布駅の専用線
バスで丸瀬布駅に戻ってきました。
P1050994.jpg
駅舎と行っても丸瀬布駅の文字はパッと見で見当たらず生涯学習館となっており中には図書館などが入っています。

P1050996.jpg
温度計を見て・・・今って1日で一番暖かい時間だよね(^ ^;)

帰りの大雪4号(臨時停車)まで時間があるので側線、専用線や武利意・上丸瀬布森林鉄道の土場の跡を見てみることに。
専用線一覧表を見ると丸瀬布駅には3つの専用線がありました。
丸瀬布駅構内の貨車入換、除雪に使われていた佐藤工業製10t半キャブは丸瀬布いこいの森で保存されており以前丸瀬布いこいの森の半キャブラッセル でも扱っています。
営林局側線は土場があった駅裏側だろうと想像が付きますが後の位置はよくわかりません。
別子鉱業→住友金属鉱業専用線は鴻之舞鉱山からトラックで鉱石を運んでいたそうなのでトラックを付けれそうな駅前側でしょうか?
●北見営林局(丸瀬布営林署)専用線
作業キロ 0.7km
総延長キロ 1.3km
作業方法 国鉄機(専用線一覧1957年版まで1961年版は未確認)→国鉄動車(専用線一覧1964版から)、手押
備考 専用線一覧1951~1970年版に存在確認。武利意・上丸瀬布森林鉄道と接続。1962(昭和37)年度で林鉄運材は終了

●別子鉱業→住友金属鉱業専用線
作業キロ 0.3km
総延長キロ 0.3km
作業方法 国鉄機(専用線一覧1957年版まで1961年版は未確認)→国鉄動車(専用線一覧1964版から)、手押
備考 専用線一覧1951~1967年版に存在確認。鴻之舞鉱山鉱石の貨車積み替えに使用か。鴻之舞鉱山は1973(昭和48)年閉山。

●N氏個人→仲屋木材専用線
作業キロ 0.1km
総延長キロ 0.1km
作業方法 国鉄機(専用線一覧1957年版まで1961年版は未確認)→国鉄動車(専用線一覧1964版から)、手押
備考 専用線一覧1953~1970年版に存在確認。国鉄木材線。

P1050986.jpg
構内は島式ホームで上下線が交換できるほか側線が表側に1線、裏側に2線、いずれも新旭川側、網走側からも入線できるようになっており貨物取扱いが盛んだった頃を偲ばせます。

maruseppu-1.jpg
国土地理院Webサイトで公開されている1948(昭和23)年4月30日米軍撮影の空中写真を見ると・・・

maruseppu-2.jpg
線路をトレースして見るとこんな感じだったようですね。
森林鉄道と営林局専用線が土場の中に深く入り込んでいたのが無くなった以外配線はあまり変わっていないようです。
現在の丸瀬布森林公園いこいの森方面へ延びていた武利意森林鉄道は丸瀬布駅新旭川寄りで石北本線をオーバークロスしていました。

P1050987.jpg
大雪1号網走行。
普段は無人駅ですが今日は列車を迎える駅長さんが見えます。

P1050990.jpg
網走へ向け発車して行く大雪1号。
この列車最後尾付近から左手前へ営林局専用線が延びていたものと見られます。

P1050980.jpg
ホームから新旭川方面を見た様子。
土場の跡は空き地や遠軽町 丸瀬布教育センター・丸瀬布中央公民館の敷地になっています。

P1050982.jpg
網走方面を見ると。

P1050983.jpg
一般貨物ホームの跡でしょうか。

P1050984.jpg
駅前の倉庫。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:00:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する