FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
雨宮21号卒寿記念雪中特別運行~その5~
丸瀬布森林公園5回目最終回は2日間の雪中運行が終わり13時からは雨宮21号最後の見せ場。
水タンクの缶水1.2tを抜くため蒸気圧0.3MPaまで下げたところで圧を利用して一気に放水します。

P1050948.jpg
缶圧が0.3MPaに下がるまでドレンを切ったりして調整中~

P1050944.jpg
サイドタンク底、第2動輪直上の排水口に排出蒸気を後方に放出するため後ろ(右)向きにノズルが取り付けられています。
待っているとき見てて初めて気が付いたのですが21号の第2動輪はフランジレスだったのですね。(今更~)

P1050957.jpg
圧が0.3MPaになったので放出~
機関車後方で待機していた人には係の方から「カメラが壊れますよ」と注意されていた通り猛烈な勢いで20mほど先まで蒸気で覆われます。

P1050960.jpg
かつて中央本線沿い中津川駅近くで火災があった時に中津川機関区からD51が飛んできて消火したことがあったと聞きますがノズルの代わりに消防ホースをつないでこれと同じことを行ったのでしょうか。
11tぽっちのCタンク機でこれなら125tの1D1テンダー機ともなればどうなることか(^ ^;)

P1050962.jpg
前方から。
左に置かれているのは移動式停止位置目標。
林鉄のではなく国鉄・JRのものだと思われます。

P1050963.jpg
最終盤でもこれだけの人出。寒い中皆様お疲れ様です。

P1050969.jpg
缶圧を抜いた21号はもう自走できないので機関庫へ引き上げるために後ろで鶴居村営軌道6tDLが待機。
排出された蒸気がかかると氷点下の外気により即凍り付くため車体に薄氷が張っていました。

P1050974.jpg
排出蒸気の勢いが徐々に弱くなって終了、鶴居DLに牽かれて入庫します。
手前の路盤の雪が溶けてますがこれは21号の高圧蒸気により吹き飛ばされたため。
ずっと氷点下での撮影会でしたが熱い光景ばかりで楽しい半日でした。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 22:51:17 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
厳冬下のご訪問お疲れ様でした。私はマイナス10度とかの気温を自らの身で今だ体験したことはありません・・(汗)

SLで最後に放水するとか、初めて知りました。梅小路の大型蒸気でもやっているのかなあ・・。
厳冬下でおそらく機関車を動かすまでに缶圧を上げるのが大変だろうなあと思いますが、半日で抜いてしまうとは、あっけないというか潔いというか、そんな印象を持ちました。
2018-12-24 月 05:42:14 | URL | きみ [編集]
氷点下の蒸機
きみさん、こんにちは。
映画「八甲田山」みたいにならないか心配でしたが何とか持ち応えてます(爆)
とは言えやはり露出部はかなり冷えましたね。
帽子で耳まで覆ってましたがやはり寒くて時折カイロで温めながら・・・。
シャッターを切る指も感覚が無くなって来るので列車が通過する直前まで手袋をはめていないと危ない状態でした。

>半日で抜いてしまうとは、あっけないというか潔いというか、そんな印象を持ちました。
通常運行は10月で終わっているので2日間のイベントのために動かす準備は大変そうです。
しかし真冬の蒸機とだけあって人気はかなりのものでした。
僕が撮影したのは運転2日目の12月9日だけで前日12月8日は丸一日運転し夜間運転撮影会も行っています。
30分おきに発車し1周約2kmですから2日間で40kmくらいは走っていそうです。

>SLで最後に放水するとか、初めて知りました。梅小路の大型蒸気でもやっているのかなあ・・。
稼働機を変える際など長期間動かさないことが見込まれる時は行うのでしょうね。
丸瀬布が次に動くのは5月GWで冬の間に分解検査、整備を行っているとのことでした。
2018-12-24 月 15:31:04 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する