FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
雨宮21号卒寿記念雪中特別運行~その2~
丸瀬布いこいの森雨宮21号卒寿記念雪中特別運行2回目~

P1050667.jpg
まずは21号が単機で試運転。
郷土資料館裏手の林内を通るこの直線区間は園内で唯一かつての武利意森林鉄道の路盤を使用している箇所だそうです。

P1050673.jpg
試運転を終えて列車の組成準備。まずは鉱車から給炭。
運材貨車と一瞬とはいえ編成になるので注目~。
本来積雪地の森林鉄道は冬季休業で積雪状況により前後はあるものの12月中旬頃で運行休止になっていたようです。
同じ北見営林局管内で近隣の温根湯森林鉄道の1953(昭和28)、1954(昭和29)年の機関車運行成績、置戸森林鉄道の機関車運行成績では機関車の稼働は5~12月の間、丸瀬布の武利意・上丸瀬布森林鉄道も同様だったものと思われます。
雪中運転撮影会の頃はそろそろ1年の最終運材列車が走っていた頃なのでしょうね。

P1050626.jpg
なお森林鉄道が運休していても山元での伐採作業は行われており道産子が林鉄と接続する土場まで木材を牽いていました。
後には道産子がキャタピラートラクター、ブルドーザーに変わってそりを載せた木材を何台も繋いで運材列車のように牽く光景が見られました。
画像は岩見沢駅のホームに展示されていた馬ぞり

冬の馬ぞり、トラクター運材は林野庁映像ライブラリに映像があります。
機械化される林業 北海道の冬山作業1(林野庁 映像ライブラリ)
機械化される林業 北海道の冬山作業2(林野庁 映像ライブラリ)

映像に森林鉄道は全く出て来ませんが機械化される林業 北海道の冬山作業2の6:32~6:50には王滝森林鉄道せせらぎ線で静態保存されている協三工業製自走式クレーンと同型のゴムタイヤバージョンが出てきます。
軌道用と道路用の両方が用意されていました。

P1050675.jpg
気温は現地では何℃かわからなかったものの-10℃台だったようです。
これだけ冷え込むと夏場と違って蒸機がよく上がります。

P1050690.jpg
井笠ホハ19+ホハ13を連結してホームへ引き出し。
営業運転(?)は10時からでしばらく間があります。

P1050716.jpg
この武利川の鉄橋は今まであまり注目してなかったのですが今は無き北炭機械工業・・・北海道炭鉱汽船の関連会社で運材貨車をつくっていた夕張製作所の後身が末期に製作したものらしい。

P1050728_20181215165720590.jpg
武利ダム湖畔は雪原に
風向きのためか列車の手前に煙が流れてしまうことも多く編成写真はなかなか難しいものがあります。

P1050765.jpg
しかし雪景色は型式写真でも下から光が反射して綺麗に撮れますね。
夕張製作所製運材貨車の1359、1372も再撮影~。

参考文献:
置戸森林鉄道 大きな森の中を走った小さな機関車(橋爪 実/著 自費出版)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 00:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する