FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋鉄道平坂支線港前駅(旧・平坂臨港駅を含む)
平坂港は矢作川本流よりも狭い入江の奥のささやかな港ですが現在も船溜まりがあります。
この港に岡崎から延びて来た西尾鉄道が1914(大正3)年10月30日に西尾~港前~平坂臨港(貨)を762mm軌間、蒸気動力で開業しています。
港前駅と平坂臨港駅は営業距離0.2kmしか離れていなかったためか2年後の1916(大正5)年10月5日には平坂臨港を港前に統合。
同じ西尾鉄道が建設した吉良吉田~吉田港(貨)と似たような経緯です。
1926(大正15)年9月1日にはライバルの三河鉄道の大浜港(碧南)~神谷(後の松木島)が1067mm軌間、直流1500V電化で開業、港前駅北方に三河平坂駅が開業しますが平坂港からは離れていました。
同年12月1日には西尾鉄道が愛知電気鉄道に合併し、1928(昭和3)年10月1日には1067mm改軌、直流600V電化されています。

P1050239.jpg
港前駅跡。
左側のバス停の位置に駅舎とホーム1面、道路に2本の線路があり、右の1本はホームと接していない側線でした。
昭和30年代の写真を見ると港前から奥の旧平坂臨港へ線路2本で続いていた様子。

P1050231.jpg
旧旅客ホーム跡から西尾方を見た様子。
末期の駅名、現バス停名の読みは「みなとまえ」ですが当初は「みなとさき」。
その間に一時期平坂(へいさか)駅を名乗っていたこともあります。

IMG_3405.jpg
以前は一部に古レールが利用された上屋がありましたがいつの間にか無くなりました。
バスの運行会社も現在の名鉄東部交通ではなく名鉄バス本体でした。
2004(平成16)年3月16日撮影

P1050233.jpg
愛知県道383号線を挟み旧・平坂臨港側から港前駅旅客駅側を見た様子。

P1050237.jpg
道路として続いてきた平坂支線ですが港に突き当たる手前で左カーブが始まっていた付近に古めかしいコンクリート造りの危険品庫があります。
重厚な鉄扉など港前駅現役当時は線路に接して建っていたものと思われます。

P1050236.jpg
右が旅客ホーム側、線路は画像右寄りでカーブしながら右手前方向へ続いていたようですが面影なし。

P1050235.jpg
平坂入江の三河湾方を見た様子。
線路は左の住宅地付近で途切れていたものと思われます。

minatomae.png
平坂支線港前駅の貨物発着量(愛知県統計年鑑(愛知県)を元に作成)
1953(昭和25)~1957(昭和32)年度しかデータがありませんが意外と量が多いなと感じました。
1956(昭和31)年度の発送量22,793tを365日で割ると1日平均62.45t・・・15t積みのワム車なら日に5台は発着していたことになります。
旧・岡崎電気軌道のモ460形や旧・尾西鉄道モ200形など電車が単行で走り、貨車は電車が牽いていたようです。
ミキスト(貨客混合列車)に当たる率は意外と高かったのかもですね。

mei-mc461.gif
末期は平坂支線専属になっていたモ461。
平坂支線は本線に当たる西尾線の架線電圧1500V昇圧時に追加投資を行わず処分されることになり1960(昭和35)年3月27日に廃止されました。モ461も同時に役目を終え廃車になりました。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 23:59:28 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
小生、地元に居ながら地元を走った鉄道の今昔を目の当たりに見て暮らしていましたが、ひ孫が産まれ、彼に伝える「消えた電車」ストーリーを伝えてみたく資料探しにかかりました。

そこで貴ページに行きつきました。くわしく地元民でも脱帽。
この鉄道は港の繁栄に関連があり、三河五港のひとつといわれた、三河から江戸への海上輸送の一翼をになったと言われます。

港の運送量の推移のグラフは、よくぞご紹介いただき、多くの人に伝えるべき資料だとも思います。

どうぞ。今後のご健筆をお祈りいたします。

2019-06-04 火 16:03:19 | URL | Yosyi [編集]
Yosyi様、こんばんは。
三河の港も今では大規模な衣浦港、三河港に集約されていますがかつては小さな港がたくさん栄えていたようですね。
吉良の塩や矢作川、豊川上流からの木材、明治以降になると石炭などが運ばれていたようです。
武豊、碧南、吉良吉田など港で栄えた町を歩くと当時のモダン建築や黒壁の味わい深い倉庫が残っていて好ましいです。平坂の場合は今でも鋳物屋さんが多いですね。
Nゲージで名鉄の貨物列車を再現するには貨車を何台くらい繋げばいいのか?と何とも些細なことで統計書の貨物発着量を調べ始めたのですがお役に立てて頂ければ嬉しいです。
2019-06-04 火 22:25:57 | URL | 西宮後 [編集]
貨物発着量の統計データを追加、合わせて文章を一部修正しました。
2019-06-05 水 21:13:25 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する