■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋市交通局90周年イベント~保線車両~
名古屋市交通局90周年イベントでのもう一つのメインテーマ(?)・・・保線車です。
ここの職員さんは「みんな車両工場の方に行ってこっちはあんまり人気ないね」と仰っていましたが、私はむしろこっち目的なんで(^ ^)
DSC_1269.jpg
●モーターカー46号車。
この車では操作体験が行われており、順番待ちの長い列ができていました。
銘板によると2008(平成20)年納入の堀川工機製です。
北陸重機や松山重車輌と並ぶ新潟のDLメーカー、新潟・・・強いな。

DSC_1256.jpg
●高所作業台付きモーターカー61号車。1989(平成元)年納入の堀川工機製。
キャブからボンネット上に張り出す大きな櫓があり、どことなく試作交直電機ED30を連想させる外観。

DSC_1265.jpg
●軌道検測車303号車。
1989(平成元)年オーストリアのPlasser & Theurer社製です。
欧州車らしい外観で他の車両とは雰囲気が違います。
何より気になったのはボンネット右端に見えるダブルホーン(画像では陰になって一つしか見えませんが)。
どんな音色なんでしょうね。
近江鉄道のロコ1101も似たようなダブルホーンが付いており、入換時には「ポウン」と独特の音を奏でていました。

DSC_1249.jpg
●建築限界測定車
平トロにやぐらを組み、限界測定部には反射テープが貼ってあります。
この手作り感がGOOD。

DSC_1246.jpg
●高所作業車
モーターカー61号にも高所作業用の台が付いていましたがこちらは平トロに作業台が付いています。

DSC_1242.jpg
●道床水洗車
地下の道床に溜まる埃を洗い流すための車両。
地下鉄ならではの保線車です。水タンクとコンプレッサ(水を勢いよく噴射するためかな?)を乗っけた平トロ。
松山重車輌工業の銘板が付いてます。

DSC_1253.jpg
こちらが噴射口側。
ノズルが下の方についており、デッキ上で動作状況を操作、監視するのでしょうか。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名古屋市交 | 21:52:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ