FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
定光寺自然休養林のレール
協三10t機No.127を丸瀬布いこいの森へ送り出し何もいなくなった定光寺自然休養林の展示線路。
レールは小坂森林鉄道研究会でいただくことになったのですが取外しができるかどうか調査に伺いました。

P1040938.jpg
9㎏レールなので森林鉄道二級線で使われていたものと思われます。
恐らく長野営林局内で使われていたものと思います。
一級線でも特に大型の10t機にとってはか細いレールだったかも知れませんが別に走るわけではないので問題ないのでしょうね。
今日の目標は継目板を外すところまで。
5.5mレール×4、2.8mレール×2で継目板は外側だけで4枚取付け。

P1040940.jpg
犬釘打ちは何度かやったことがあるもののレール撤去作業は初めて。
継目板3枚まではソケットレンチで難なく外れましたが最後の一枚無理やり曲げてある部分が変に力が掛っているようでナットとボルトの隙間にCRCを注入しつつ四苦八苦・・・無理に力を入れるとボルトを折ってしまうので慎重に。
真夏じゃなくて良かった(^ ^;)
レールに刻印は見当たりませんが岩崎レール製でしょうかね。
なお5.5mの9kgレールという規格は1933(昭和8)年度に小坂森林鉄道開設時に帝室林野局名古屋支局小坂出張所が岩崎レール商会から購入したものと全く同じ。
小坂では一級線の小坂線、二級線の若栃線、鹿山線の一部に使用したという記録が残っています。

P1040939.jpg
持って行った道具はこれだけ。
次回は犬釘を抜かねばなりませんがバールそのままではやはり無理。
犬釘用の釘抜きを確保せねば(- -;)

ところで作業中に通りかかった方から「機関車はどうしたの?」と尋ねられることが多かったのが印象に残りました。
いつも見慣れたものが突然いなくなるとやはり気になるのでしょうね。
北海道で元気にやっているようです!
丸瀬布いこいの森のfacebookを拝見したところ丸瀬布では既に元・鶴居村営軌道6t機が無動力のNo.127を牽引して本線を走っています。
広々とした軌道を緑の小さなDL同士が重連で行く何とも可愛らしいシーン・・・現地で生で見たいです!!
遠軽町丸瀬布いこいの森 facebook
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:10:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する