FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
飛騨小坂駅旧一般貨物側線の保線車
飛騨小坂駅の側線、専用線ではかつて森林鉄道があった頃は入換と積込み用に3t蒸機ロコ起重機、1969(昭和44)年3月末現在では5t貨車移動機1台がいたようです。
前者は国鉄の操縦車のような形状、機能があるロコクレーンですが車籍はない機械扱いです。
名取編集長の編集長敬白アーカイブに型式図が載っています。
後者は普通のディーゼル機と見られますがどのタイプがいたかは不明。
貨物営業も終了して久しく森林鉄道や側線用のアヤシゲな機関車たちは見られませんがそれでも・・・。

P1040217.jpg
奥の転車台から駅舎前を通っていた側線は撤去済みですが以前上げたように一般貨物ホームは保線用に残っています。

P1040209.jpg
一般貨物側線に留置された保線MCと長物車。

P1040208.jpg
銘板から得られた情報は以下の通り。
軌道モーターカー
北陸重機工業2016(平成28)年10月製18t機
製番:3570-M01
型式:HDMB-18MP
JR東海の名称番号-機械番号-類別番号-識別番号:02-0536-18-16
左のエンジン側にはエアコンの室外機やらエアーマンやらが載っており面構えからするとキャブの方が前位のキャブフォワード型機関車と言って良いのか?
運転席は中央の高い位置にあり右の乗務員扉から階段を上ってたどり着くようになってます。
乗務員扉のある階下のスペースは以前のモーターカーでは露天のデッキになってたところを屋内スペースにしたもののようです。

P1040216.jpg
長物車には銘板が付いてませんが機関車に機関車自体の銘板と一緒に付いてました。
ただし機関車、貨車でワンセットの銘板なのかも知れません。
型式:THA-270
年月:2016(平成28)年10月
管理番号:RF003-9 12K-201
販売元:株式会社トキオ
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 21:54:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する