FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
小林三之助商店小坂工場(?)専用線(高山本線飛騨小坂駅)
以前飛騨小坂駅の営林署専用線を上げた際に名前だけ上げてましたが地元の方より詳細な工場の位置を教えてもらいました。
かつて高山線が岐阜から延び飛騨小坂まで開通した1933(昭和8)年8月25日より高山まで開通(全通して飛越線、高山線を合わせて高山本線に改称)する1934(昭和9)年10月25日までの14か月間jは飛騨小坂が終点で機関車を方転する必要があったため転車台が置かれていましたが、高山本線全通後この転車台はあまり使われなくなりいつしかレールも固定されてしまいました。

この転車台の線路脇へ1960年代に小林三之助商店が工場を設置しその専用線として転車台の線路が利用されたようです。
同社は木枕木メーカーとして有名ですがチップ貨車トラ90000とチップ積込み装置の写真が見られることから製紙原料用の木材チップも製造していたものと見られます。
また地元の方からは左官鏝の柄の部分をつくって兵庫県三木市のメーカーへ送っていたとも聞いています。
三木市は今でも左官鏝メーカーが多く国鉄三木線(後の三木鉄道)三木駅は1974(昭和49)年まで貨物営業を行っていました。
そう言えば三木鉄道時代末期でも三木駅には立派な木造貨物上屋が自転車置き場として残ってましたね。

作業方法:手押
作業キロ:0.1㎞
総延長キロ:0.1㎞

なお専用線一覧には1967(昭和42)年版、1970(昭和45)年版にのみ記載があり、飛騨小坂駅の貨物営業が1975(昭和50)年で終了していることを考えると末期の10年ほどしか存在しなかったようです。

P1040203.jpg
飛騨小坂駅富山方。
1番線(ホーム右の線路)の右に側線が敷かれていた敷地が残ります。
この線から右に分岐して中央やや右に見える2階建ての建物(消防団倉庫)の場所に転車台がありました。

P1030655.jpg
工場跡は下呂市立小坂診療所の駐車場になっています。
中央の建物が1枚目の画像にも写っていた転車台跡の消防団倉庫。

osaka-map1.jpg
国土地理院の空中写真で専用線があった時代は見られませんが転車台が写っているものはあります。

P1040201.jpg
転車台線→小林三之助商店専用線より反対側(岐阜側)は機回し線(キハ25と駅舎の間の左の撤去済みの敷地)で駅舎前を通過し営林署の大島貯木場へつながります。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:33:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する