FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
野辺山SLランド撮影会
8月31日で惜しまれながら閉園した野辺山SLランドで行われた最後の撮影会へ9月15日(土)に行ってきました。
あいにくの天気でしたが非公開だった元・王滝森林鉄道DL御開帳もあり是非にと参加。

P1030979.jpg
台湾糖業公司蒜頭糖廠362号機とNo.143
1948(昭和23)年ベルギーのアングロ・フランコ・ベルジ(Anglo-Franco-Belgie)製Cタンク機を灯油抱焚き蒸機に改造したもの。
野辺山SLランドの主力機でした。
台湾糖業公司蒜頭糖廠の製糖鉄道は今でも観光鉄道として運行してますね。
No.143は以前の記事野辺山SLランドの酒井No.143で紹介済み。

P1040053.jpg
同363号機
こちらは某個人所有機で元々362号機と同型ですが灯油焚き化改造前のオリジナルの姿を留めます。

P1040019.jpg
参加者で車庫から無動力のDL2台を押し出し~。

P1040031.jpg
王滝森林鉄道No.118
1957(昭和32)年製酒井工作所製5t機。
木曽谷の森林鉄道(西裕之/著 ネコ・パブリッシング)によれば上松→上松運輸営林署所属の5t機。
上松署管轄の小川森林鉄道系統が廃止されたことで上松運輸営林署に転属して王滝森林鉄道で使われたものと思われます。
いつも王滝で見てるNo.132と同じ見掛けですがこちらはトルコン装備。
コンプレッサ位置も左右逆で前から向かって左に付いてます。
現役時代の塗装は変わっていて下周りが茶色、上は黄緑で、通常あるはずの細帯が引かれていませんでした。

P1040038.jpg
No.118背面。

P1040015.jpg
旧番No.45→No.37→No.60
酒井工作所製4.1t機で当初はガソリン機関車、後にディーゼル化されてます。
赤沢森林鉄道記念館にある機関車の台帳では製造1933(昭和8)年、1936(昭和11)年7月購入。
三殿営林署の資料(与川経営区第五次編成経営案説明書 昭和二十三年調査 昭和二十五年実施)では1937(昭和12)年1月購入とある機関車。
蘭、与川森林鉄道で使われた機関車で唯一現存する機関車。
というわけで西宮後停留場 蘭、与川森林鉄道も写真追加で更新しました。

P1040044.jpg
こちらも個人蔵とのことですがオーナー様のご厚意で公開されました。
SAKAI.WORKSの陽刻が前輪側にあるタイプ。

楽しい撮影会で念願の三殿営林署の機関車も見れて大満足。
主催、参加の皆様ありがとうございました。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 00:00:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する