FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
千頭森林鉄道尾崎坂停車場跡の保存車
寸又峡温泉から林鉄跡の林道を辿り、今でも名所の飛龍橋を越えた先にある千頭森林鉄道尾崎坂停車場跡、構内の千頭ダム方に保存されている車輌群です。
以前は林鉄の車庫もあった千頭駅裏で保存されていましたが、千頭営林署が無くなりこちらに移設されたようです。
尾崎坂停車場は寸又峡温泉にあった大間停車場の次で、大間川支線を分岐していました。
大間川線は軌道の林道化拡幅工事で路盤が削られてしまい本線との接続箇所は定かでありません。

DSC_0680.jpg
先頭の機関車は1957(昭和32)年酒井工作所製の5t機。
林鉄の機関車としては珍しくディーゼル機関車らしい番号があり、「DB6」のナンバープレートが付いています。
屋根上に2本のエアタンクがある独特の外観で、エアブレーキによる貫通制動が可能でした。
この方式は東京営林局管内の林鉄機関車に多かったようですが、他局でもいくらか採用例はありました。

DSC_0682.jpg
全面窓は左右が縦長、中央が横長の長円形のHゴム支持。
このスタイルは木曽では少数派ですが酒井のDLには多い形状です。
また現役時の写真からは機関車のラジエターグリル前面には「本谷行」や「大樽行」といった行先表示も付けていたようです。
因みに千頭林鉄の機関車は千頭発車時に山行きが正位(運転士が座って正面を向いた状態で運転)となっていました。

DSC_0679.jpg
側面から見ると・・・どう見ても湘南色。
白帯が入った姿はかつての山陰本線113系5800番台車を思い起こさせます。
千頭林鉄現役時のカラー写真はあまりないのですが塗り分けはほぼこの通り
実際に上半オレンジではあったよう。
白帯が入った車輌と入ってない車両があり、下半は濃い紅色(?)
東京営林局管内の機関車は水窪、気田、末期の世附などもこの塗り分けだったようです。

DSC_0688_20121028210808.jpg
運転席。

DSC_0678_20121028210807.jpg
富士重製の鋼製運材台車には集材機が載せられています。
実際こんな使われ方もしていたのでなかなか良い展示方法かと・・・。

DSC_0677.jpg
大型モーターカーも富士重製(見た感じではメーカー形式T34Nになるのかな?メーカー形式R108)。
番号はGM10とあります。GMはガソリンモーターカーということでしょう。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(前橋、東京営林局) | 21:52:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する