FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
二俣線野部駅構外側線?(二俣線野部駅(現・天竜浜名湖鉄道天浜線豊岡駅))~その4~
二俣線(現・天竜浜浜名湖鉄道天浜線)の謎の側線4回目

P1030015.jpg
ホッパーを末端から見た様子。
右の木立の中がホッパー。微妙にカーブした線形そのままのホッパーだったようです。
目測ですがトム車4、5台くらいは同時に積込みができそう。

P1030013.jpg
雨垂川がホッパーの山手に直交して来る箇所では鉄砲水が起きた際の対策なのか護岸が補強されています。

P1030014.jpg
ホッパーのすぐ傍にはよく森林鉄道跡で見掛けるリスの看板~。
国有林ではないので「~営林署」の文字は有りません。
静岡県とあるからには県有林なのでしょうか。
雨垂川の上流には古くから農業用の溜め池があるのですが鉱山があったような記述を豊岡村史からは見付けられませんでした。
一方でネット上の情報では雨垂の森にトロッコがあったという情報が・・・。
採掘に至らなかったかあるいは戦時中のごく短期間だけ存在した鉱山なのでしょうか。

P1030012.jpg
ホッパーから上流側を見ると何やらアヤシゲな構造物が見えます。
石積みの間に隙間がありアーチが架かっています。
どうも水門のような構造ですが小水力発電でも行っていたのか?

nobe-map4.png
ホッパー付近を略図で示すとこんな感じです。
ホッパーに機回し線があったかも知れませんがよくわからないので取り敢えず棒線配置としてます。

二俣線が全通した1940(昭和15)年6月1日当時遠江二俣機関区には8620形蒸機が12台(78649、78661、78663、78664、78665、78691、78692、78695、78697、78698、78699、88633)いたので野部(現・豊岡)駅から構外側線への貨車入換作業もこれらの機関車が行っていたものと考えられます。
後1959(昭和34)年にC58形への置換えが行われこれら8620形は廃車、転属して残念ながらこの中に現存機は有りません。

この構外側線に付いては大きな謎を残したままになってしまいました。
真夏の昼時で外に人影が無く周囲で尋ねることができませんでしたが秋になったら現地で聞き込みをして見ましょうかね(- -)

参考文献:
鉄道ピクトリアルNo.250(鉄道図書刊行会/編) ローカル線を探る 二俣線(奥田 愛三/著)
機関車表フル・コンプリート版(沖田 祐作/編 ネコ・パブリッシング)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 20:41:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する