FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
二俣線野部駅構外側線?(二俣線野部駅(現・天竜浜名湖鉄道天浜線豊岡駅))~その2~
二俣線(現・天竜浜浜名湖鉄道天浜線)の謎の側線2回目

P1020989.jpg
静岡県道40号掛川天竜線を押しボタン式の信号交差点で渡ると磐田用水と交差。
コンクリート橋の本村上橋(1961(昭和36)年5月竣工)の南(右)側には・・・

P1020992.jpg
並行して橋梁が架かっていた跡が残っています。
コンクリートの橋台本体向かって左に石積みで補強したか拡幅したような跡。
側線廃止後に現本村上橋が出来るまでの間鉄道用の橋梁を道路橋として流用したときの施工でしょうか?

P1020990.jpg
反対側にも側線用と思われる橋台が残存。
磐田用水は江戸時代に計画されたものの計画への賛同が得られなかったり幕府が倒れたりで明治に入ると今度は内務省の設計ミスで失敗、昭和に入ると太平洋戦争でまたも工事中止かと思われたものの寄付や関係者の尽力で1944(昭和19)年7月に通水。
1945(昭和20)年の米軍地図Akiba-san(秋葉山)にも乗ってますね。
二俣線開通が1940(昭和15)年6月1日、側線開業は当然その後でしょうが用水と側線工事の前後関係は不明。

P1020997.jpg
その先は里道にしてはちょっと広いかな?という程度の道が続きます。

P1020998.jpg
小さな谷なのですぐに奥が見えて来ました。

P1020999.jpg
線路跡の道の両側に時折朽ちた枕木が刺してあります。

P1030001.jpg
鉄道柵のようにも思えますがかなり短いので用地境界標の代わりに刺してあるのかも?
この側線が敷かれたのは戦時中と見られコンクリートの節約のため古枕木を使ったのではないかと推測。

参考:
水土里ネットいわた用水(磐田用水東部土地改良区)耕地整理~悲願の用水編<偉人達の活躍>
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

貨物側線跡 | 00:02:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する