FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
三岐鉄道保々駅のワム200
保々車庫での車両撮影会の副産物~
保々駅構内で遠方から望遠で見るか電車からちらっと見えるかしかできない貨車ダルマをじっくり見ることができました。
ワム200形
ワム200~253の54両もの仲間がおり袋詰めセメント輸送に使われていました。
車両数が多いですが色々な来歴の車両を編入しているため車輛による差異も多いようです。
保々にいるのはいずれも1951(昭和26)年製造で1986(昭和61)年まで使用されてたものですが一筋縄には行かない様子。

P1020662.jpg
左(西藤原方)からワム228、ワム227、ワム230が並びます。

P1020744.jpg
ワム228

P1020656.jpg
ワム227
ワム228、227はいずれも1951(昭和26)年若松車輛製で国鉄ワム23000形として製造したものの内検査で撥ねられた貨車を購入したものだそう。
とは言っても国鉄への乗入は承認されていました。
1969(昭和44)年に2段リンク化改造されており、改造工事を行った東洋工機の改造銘板が付いています。
因みにワム227の銘板から読み取れた改造年は1968(昭和43)年となっていました。

P1020644.jpg
ワム230
製造年は同じ1951(昭和26)年なものの製造元が小糸製作所と異なります。
ざっと見ても扉にリブが無いこと、妻面の通風口が中央1か所しかないなどワム227、228との違いが分かります。

ワム227、228、230で間のワム229は車籍はないものの救援車として現役。
P1020668.jpg
ワム229
1951(昭和26)年日之出車輛製。
扉のリブがX字形、妻面通風口が2つと国鉄ワム23000より同ワム21000に近い姿です。
製造年は1951(昭和26)年とあるものの・・・

P1020670.jpg
台枠には日本車輌東京(支店)昭和17年の銘板が付いてます。
元々1942(昭和17)年に製造された貨車を1951(昭和26)年に改造したもののようです。

参考文献:
RMライブラリー62 三岐鉄道の車輌たち-開業からの50年-(南野 哲志、加納 俊彦/著 ネコ・パブリッシング)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 21:48:12 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
検査ではねて廃車したものなのに、転売先から乗り入れで走る分にはOKって、一瞬「検査の意味は?」と思いましたが、「長距離・地点不定の走行は担保できない」という意味でいいんでしょうかね。国鉄(→JR貨物)の貨車は、旅客車や機関車と違って、基本的に所属する車庫がありませんし。
私鉄保有車の乗り入れは、たいてい特定の荷主が短距離の往復で使っていて、圧倒的に私鉄線内の走行距離が多いのでしょうから。
2018-07-25 水 23:04:40 | URL | たづ [編集]
ワム200
たづさん、こんばんは~。
恐らく廃車以前にメーカーでの検品ではねて国鉄には最初から納車されていないかも知れません。
国鉄の品質基準が厳しかったのでしょうね。他の私鉄でも似たような経緯の車両があったと思います。
具体的に何が悪かったのかは不明ですが国鉄から乗入許可が出てるので走行性能には特に問題が無かったのでしょう。
よく「わけあり品」を安値で売ってますがあの感覚でしょうか。
三岐ワム200は私鉄貨車の多くが国鉄線内乗入承認を取り消された1968(昭和43)年10月ダイヤ改正も2段リンク改造で乗り切り遠くまで行ってたようです。
さすがに末期は線内輸送に特化して東藤原~富田で袋詰めセメントを運んでたとのことでした。
2018-07-26 木 21:57:56 | URL | 西宮後 [編集]
ワム200
保々車両区のワム200車体もかなり錆が出てきてますね。
倉庫としては機能しているので、屋根に錆穴が空くまでに塗装したい感じですね...

しかし、RMライブラー三岐を書いてるときに、このワム200形が一番苦労しました... なんとも、新造なのか改造なのか、申請書類だけではほとんど解らず... 実際認可日よりかなり先に竣功していて、後日認可になっている車輌もありました。 ということで、車番も実車状況とあっているのかどうかも解らないですし...

三岐鉄道の昭和25年特需による有蓋車100輌目標で、認可より先に、竣功出来ていた車輌を使用開始していたのかと思われます。

国鉄不合格品、こちらはかなり基準が厳しかったようで、例えば鋼板や台枠の若干歪みなどでも撥ねていたと思われます。 しかし、緊急特需で大きな問題で無い不合格品は認可していたと考えられます。

三岐ワム200形はかなり遠くまで、国鉄線へ出て行っていたと思われますが、

車体のみも含むとまだ225~230が残ってます。 
2018-07-27 金 07:30:54 | URL | 南野哲志 [編集]
ワムと特需
南野さん、こんばんは~。
著者様コメントありがとうございます。

私鉄の一般貨車で詳細に調べられてる車輌は稀でしょうね。
朝鮮戦争特需の時期ですからちょっとやそっとは目をつぶってでもと言うところでしょうか。
戦時中に中断されていた大ダム建設もこの頃から再開されてます。
当時はバラ積みのホキ車がようやく登場する少し前でダム工事でも膨大な量のセメント袋を一々開けてたそうで三岐ワムは引っ張りだこだったでしょうね。
2018-07-27 金 22:21:28 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する