FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
津田沼の長野営林局王滝営林署 助六のB客と運材貨車
津田沼の王滝森林鉄道車両2回目

P1020080.jpg
田島停車場の停車場標も掲げられています。
上松起点:20,560.8m 延長2,303m
王滝村中心部に近く、今も巨大な修理工場の建屋が残る大きな停車場ですが構内延長2,303mもあったのか・・・。

P1020057.jpg
製造年月日が1940(昭和15)年9月10日と具体的な日付まで出てますが木曽谷の森林鉄道(西 裕之・著/ネコ・パブリッシング)や機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)によれば機関車は1951(昭和26)年製・・・となるとこの日付は何の日付なのか気になります。

P1020059.jpg
B型客車の王営No.4。
元は鮮やかな赤色だったのが色あせて薄いピンク色になってます。
車体には安全の文字と緑十字も残り標記類は現役時代の名残を良く残しています。

P1020058.jpg
「王営」は王滝営林署の略、「助六」は木曽の林鉄で最後まで残った鯎川線最奥部の助六谷。
林鉄は元よりナローファンの間で助六谷は伝説的な響きを持っています。
王滝営林署所属の客車は車体の隅に「五味沢」など所属する製品事業所名を表記していたようです。
王営No.4は板張りが横長に張られたタイプ。
ブレーキ制輪子は両輪とも画像の向かって右に付いています。
台車に使われてる運材貨車は岩崎レール製モノコックタイプ貨車と見られますが銘板がペンキベタ塗りで読み取れず。

運材貨車はどちらも岩崎レール工業製モノコックタイプ貨車。
客車の台車と異なりブレーキ制輪子が2つとも台車内側に付くタイプです。
P1020074.jpg
王営No.7

P1020075.jpg
王営No.6
こちらは銘板が残っていました。
製造:1960(昭和35)年6月 製造番号:20926
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:36:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ