FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
柿其森林鉄道北沢停車場の施設~その2~
柿其森林鉄道北沢停車場構内2回目 柿其線、北沢支線の分岐。
現役時代を見て見たいヘアピンカーブで線路が錯綜していたところです。

kakizore-kitazawa-map.png
柿其線は1958(昭和33)年に2級線北沢~大沢3,601mの内3,142mが廃止。北沢支線は1954(昭和29)年度1,500m開設で以降路線を延ばしているので実質的には事業地が大沢から北沢奥に移ったものと思われ、両線に同時に運材列車が走った期間はほとんど、あるいは全くないのかも知れません。

P1010735.jpg
線路上は最近重機が入ったようで。地均しされてます。
奥が大沢、北沢方面。
1954(昭和29)年度に柿其~北沢10,391mが1級森林鉄道に格上げされてますがこれより奥は終始2級森林鉄道のままでした。
柿其からここまではコンクリート橋の跡ばかりでしたが1級線に格上げする際の線路改良の跡だったのでしょうか。

P1010737.jpg
地均しされた一角に円形のコンクリートに金輪が嵌められた物体が埋まっています。
外径190cmほど。モーターカーの転車台でしょうか。
軸距からしたら機関車でも乗れますが機関車の重量に心棒が耐えられるかどうか。
因みに柿其の機関車は写真で見ると川下向きのものばかりで終端で一々方転していた様子がありません。
機関車用の転車台があった森林鉄道でも「回す方が面倒だからそのうち使わなくなった」という話を聞きます。

P1010736.jpg
転車台のすぐ先で分岐する柿其線(左の掘割)と北沢支線。
柿其線は一旦左に分れΩカーブを描いて柿其本谷林道をかすめ正面一段上の平場に上ります。

P1010745.jpg
まずは北沢支線の軌道敷に入り北沢停車場方を振り返ったところ。
見事な石積みの上に並行して続く柿其線の線路。

P1010746.jpg
今度は柿其線の軌道敷上から北沢支線を見下ろした様子。右奥が北沢支線終点側です。

P1010750.jpg
柿其線のヘアピンカーブ付近、右から大沢へ上って行く柿其線、1段下に北沢から上ってくる柿其線、さらに下に北沢支線と3本の線路が並んでいます。

P1010755_201807062318517fc.jpg
柿其線のヘアピンカーブは桟橋軌道だったらしく北沢停車場から上ってくる線は橋台で一旦路盤が尽きます。
隣り合う右の平場は大沢へ続く柿其線上段の線路跡。

P1010760.jpg
桟橋の跡に撤去された枕木が2山積まれたまま朽ちていました。

P1010757.jpg
その右下には北沢を上って行く北沢支線の石積み築堤が見えます。

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:17:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する