FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
柿其森林鉄道北沢停車場の施設~その1~
柿其森林鉄道1、2級線と北沢支線が接続していた北沢停車場。
柿其停車場から柿其川沿いに10,391m進んだ地点。林道ゲートからは徒歩で6kmほどです。
帝室林野局野尻出張所の柿其軌道の終点として1930(昭和5)年度に開業。
1936(昭和11)年度には大沢まで3,601m延長されています。
1954(昭和29)年度には柿其~北沢が1級森林鉄道へ格上げ、また同時期に北沢支線1,500mが開業しています。
大沢から北沢へ施業地が移転したようで北沢の線路は延長される一方で大沢への線路は1958(昭和33)年度に撤去されます。
また各営林署の領域配分の見直しにより1955(昭和30)年度に柿其国有林が三殿営林署へ移管、柿其森林鉄道も1957(昭和32)年度に三殿署へ移管されています。
1962(昭和37)年度には北沢支線も撤去、1966(昭和41)年度には柿其1級線の運材も終了し林鉄の停車場としての役目は終わりました。
kakizore-kitazawa-map.png
構内配線はあくまで想像で実際はもっと側線の数が多かったのではないかと思われます。
勾配緩和のためさほど広くない構内に線路が複雑に入り組んで模型にしたら面白そうです。
なお1962(昭和37)年度までレールが繋がっていた野尻(阿寺)森林鉄道にも同じ北沢、北沢線があるので紛らわしいです(^ ^;)

P1010786.jpg
北沢停車場の柿其側、左の平坦な方が柿其森林鉄道1級線、右に上って行くのは柿其樽ヶ沢(北沢)林道。

P1010780_20180523224431602.jpg
柿其1級線は北沢を渡って停車場に入ります。

P1010731.jpg
現在の林道は停車場構内を坂で一気に上ってしまいますが林鉄は一旦川寄りへカーブ。

P1010666.jpg
浅い切通しを抜けると林道と交差し停車場構内へ。

P1010671.jpg
林鉄・林道交差点には6kgレールが転がってます。
鉄道電話の通信線電柱に使われていたのが倒されたのでしょうか?

P1010734.jpg
停車場事務所と思しき建物基礎のコンクリート。
他にも周辺には建物の残骸らしき木材などがちらほら。製品事業所、休泊所もあってかつては賑わっていたのでしょうか。
左の木立から前方の一段高い広場が線路跡。広場は線路3本くらいは引けそうな広さがあります。

P1010676.jpg
停車場や建物の有ったところより一段下、北沢の河原にはコンクリートと石材の土台から鉄管が突き出た異様な物体があります。
恐らくかつては上部の水槽に北沢上流から水路、樋で水が導かれ鉄管に接続した水車と発電機で停車場、事業所などで使う電力を賄っていたのでしょう。言うなればサージタンクでしょうか?
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:28:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する