FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
柿其森林鉄道~その1~
三殿営林署の森林鉄道路線群の中で離れ小島となっていた柿其森林鉄道を下見してきました。
1966(昭和41)年の運材終了時は中央本線十二兼駅から木曽川対岸の柿其中継土場~北沢分岐~大沢10,605mの路線でした。

元々帝室林野局野尻出張所の野尻森林鉄道の延長線で中央本線野尻駅に接続していたものの沿線の御料林は三殿出張所管轄で作業軌道も三殿管理と管轄部署が入り組んで煩雑だったため1946(昭和21)年に御料林、作業軌道を野尻出張所へ編入。
林政統一後出張所は営林署に変わります。
今度は野尻営林署の管轄範囲が大きくなり過ぎたことが問題となり1955(昭和30)年度に柿其国有林、1957(昭和32)年度に柿其森林鉄道も三殿営林署へ移管。
森林鉄道の三殿移管は道路林道化したときのことを考えるとわざわざ遠い野尻の土場まで木材を持って行く理由が乏しいということもあったようです。
中継土場~野尻の森林鉄道が廃止、柿其中継土場~大沢の区間だけ宙ぶらりんで残った後は林鉄で奥地から運ばれてきた木材を三殿土場までトラックで運材するようになっていました。

管轄の移管を繰り返したややこしい路線ですが柿其渓谷の美しい路線で今もハイカーが多いところです。
今回は中継土場~北沢分岐点を下見~。
P1010488.jpg
柿其集落外れにあるくちなし沢のコンクリート橋。

P1010508.jpg
車止めゲートの先には古レールを利用した鉄道電話の電信柱が多数。
一本の線をぶら下げただけの至極簡単なものだったようです。

P1010512_201805082305536a7.jpg
比高100m以上はあろうかと言う深い谷へ分け入ります。

P1010546.jpg
滝や道順の案内板に混じって立つ6kmの距離標。
中継土場から森林鉄道跡を忠実に辿った場合の距離のようで林鉄由来のものかも(何度か塗り直し、立て直しは行っているかも)
新しいキロポストはゲートからの距離が書かれています。

P1010574.jpg
大垂橋の横にはコンクリートガーダー橋が健在。
元は7連の橋だったようですが現在橋架設時に干渉する部分は撤去したようです。

P1010576.jpg
一部枕木も残存~。
橋脚の一部には木橋時代の橋脚も残ってました。
因みに谷底までは30m位、しかも谷底では深い淵が逆巻いています。
4~5tの内燃機関車がエンジンの爆音も打ち消すような激流の上に架かる木橋を軋ませて行く姿は・・・何とも恐ろしい(・ ・;)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:49:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ