■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
木曽・・・開田高原へ
毎年恒例の開田高原行き。
家族で出かけるので鉄分は少なくなるはずですが、
勿論僕の場合木曽へ行くのに林鉄にも寄らないわけには・・・

DSC_0845.jpg
運転の休憩ということで須原発電所へ(笑)
関西電力の加藤製作所製7tDLと岩崎レール製の客車。

DSC_0849.jpg
客車と言うよりカブースと言った方がいいような大きさ。
滝越のやまばと号客車をショーティーにしたようなスタイルです。

DSC_0856_20120716203544.jpg
上松駅裏に残る旧上松運輸事務所。
元々「安全運転」と書かれていた部分に建て増しされて「転」の文字だけが残っています。
貯木場も無くなり、上松停車場の営林署関係の建物はもうこれだけ。

DSC_0865.jpg

DSC_0867.jpg
十王沢の橋梁群も相変わらず。

DSC_0875.jpg
上松停車場客車用ホームの一部。
プラットホームがあるとその上に立ちたくなります。

DSC_0901.jpg
三岳小・中学校前の保存機。
酒井8t機No.99+C型客車+運材台車。

やっと目的地の開田高原に向かい、いろり茶屋岩魚や五平で昼食。
そこから少し山へ入ったところに開田森林鉄道鹿ノ瀬線の冷川木橋があるのですが・・・

DSC_0909.jpg

!!!

落ちてるorz
昨夏は架かっていたのを確認してます。
冬の積雪に耐えきれなくなったのでしょうか。

DSC_0914_20120716203724.jpg
気を取り直して最後は開田郷土館の酒井10t機No.135+C型客車+運材台車。

手軽に見られる木橋が無くなってしまいましたね。
大畑林鉄の木橋も落ちたと聞きますし、軌道用の木橋遺跡全滅も近そうですね。
時の流れとは言え、この架橋技術やその現物が忘れ去られてしまうのはあまりに勿体ない気もします。
一度失われた技術は復活させるのが容易ではありません。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 21:23:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ