FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
津海軍工廠専用線(参宮線(当時)高茶屋駅)~その1~
紀勢本線高茶屋駅より西へ延びる全長3,568mの軍用線。
1941(昭和16)年12月8日の太平洋戦争開戦により建設が促進された津海軍工廠、しかし戦局が優勢だったのは最初の一時期だけ。
工廠も空襲の危険から建設途中で疎開が始まったりしてまともに稼働することなく1945(昭和20)年8月15日の敗戦を迎えます。
戦後跡地には井村屋のお菓子工場や松坂鉄工所の機械工場などが進出しますが軍用線が工場の専用線に転用されることはなかったようです。
因みに近隣鈴鹿市の第二海軍航空廠鈴鹿支廠、三菱重工業三重工場専用線は呉羽紡績専用線に転用されていますが自治体の方針の違いによるものでしょうか。


IMG_1787.jpg
軍用線は高茶屋駅松阪方で分岐していましたが伊勢街道の踏切から見ても特に痕跡はなし。
上の道路は国道165号線。
因みに軍用線があった頃高茶屋駅を含む亀山~鳥羽の区間は参宮線であり、紀勢本線に編入されたのは1959(昭和34)年7月15日に三木里~新鹿がつながって紀勢本線が全通した時の事。

IMG_1788.jpg
伊勢街道の踏切から松阪方を見た様子。
紀勢本線の右に並行して軍用線の線路敷が残っています。

IMG_1790.jpg
紀勢本線が雲出川へ向かっていくのに対し軍用線は雲出川を遠くに臨む丘陵上へ上って行きます。

IMG_1793.jpg
カーブまでは残ってますがその先は何もなし。
道路右の竹藪の中、またはそれより奥の荒れ地を通っていたのでしょうか?

IMG_1796.jpg
中央やや左の電柱からこちらの方へ路盤が延びていたはずですが畑になっておりご覧の有り様。

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:39:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する